コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈河七五三助(初代) ながわ しめすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈河七五三助(初代) ながわ-しめすけ

1754-1814 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
宝暦4年生まれ。大坂道頓堀の茶屋福新の子。初代奈河亀輔(かめすけ)の門にはいり,天明元年大坂中の芝居で立作者(たてさくしゃ)となる。京坂で活躍したほか,江戸へも3度いった。文化11年10月20日死去。61歳。幼名は新次郎。通称は金次郎。俳名は洗口。作品に「隅田川続俤(ごにちのおもかげ)」「いろは仮名四十七訓(もじ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

奈河七五三助(初代)

没年:文化11.10.20(1814.12.1)
生年:宝暦4(1754)
江戸後期,上方の歌舞伎狂言作者。俳名洗口。道頓堀の茶屋の息子に生まれ,長じては宿屋を営んだという。初代奈河亀輔の門に入り,安永6(1777)年大坂中の芝居で亀輔の下に名を連ね,天明1(1781)年立作者となる。没年に至るまで京坂を中心に活躍したが,江戸にも二度下っている。浄瑠璃や古狂言の書き直しが多いために「洗濯物の七五三助」と異名されたという。戦記や実録に取材した時代物作品も多いが,結構を整えることよりもひとつひとつの場面に巧みに趣向を活かして面白く見せることにすぐれ,世話物に佳作が残る。代表作は「隅田川続俤」など。名跡は明治初年に没した4代まであるが,初代が有名。門下に奈河篤助(初代)らがいる。

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

奈河七五三助(初代)の関連キーワード奈河七五三助(2代)奈河七五三助(3代)増山金八(初代)並木正三(3代)並木正三(2代)近頃河原の達引近頃河原達引近松八十翁田沼騒動物奈河九二助天下茶屋物福田寵松軒春木本助奈河篤助(初代)金沢一洗隅田川物為川宗輔法界坊忠臣蔵没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android