コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女川湾 おながわわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女川湾
おながわわん

宮城県東部,牡鹿半島基部東側にあるリアス海岸の湾。女川町東部を占める。湾口北側出島 (いずしま) ,南東部に江ノ島列島がある。江戸時代には湾岸に 20の小漁村があって,女川組二十浜といわれた。陸前江ノ島は仙台藩の重罪犯の流刑地で,石置き屋根と共同井戸の漁村で知られたが,いまでは女川から海底水道管が敷設されている。 1885年イギリス東洋艦隊が湾内に停泊したことから,港としての発展が始り,湾奥の女川浜が近海・遠洋漁業の基地となった。湾内ではノリ,カキの養殖が盛ん。小屋取地区に東北電力女川原子力発電所がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕女川湾(おながわわん)


宮城県東部、牡鹿(おしか)半島の東岸にある湾。水深のある溺(おぼ)れ谷の湾で、南部に支湾の五部浦(ごぶうら)湾が分かれる。北西に深く入り込んだ湾奥に位置する女川港は遠洋・沖合漁業の基地で、金華山(きんかさん)への高速観光船が発着。南岸の湾口近くに女川原子力発電所がある。湾内ではホヤ・ワカメの養殖や定置網漁が行われる。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女川湾
おながわわん

宮城県東部、牡鹿(おしか)半島北東部にある湾入。湾口にあたる寄磯(よりいそ)半島北端と出島(いずしま)の間は約4キロメートル、そこから湾奥の女川港まで約8キロメートルある。リアス式海岸のため水深があり、漁港女川港には10万トン級の船舶も入港してきた。湾内は有数の浅海養殖漁場であり、古くからのノリ、カキに加え、近年はホタテガイ、ホヤも養殖されている。なお、女川町小屋取(こやどり)地区には、東北電力女川原子力発電所が建設された。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

女川湾の関連キーワード女川[町]女川(町)ホタテガイ沖合漁業金華山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女川湾の関連情報