コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女川湾 おながわわん

4件 の用語解説(女川湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女川湾
おながわわん

宮城県東部,牡鹿半島基部東側にあるリアス海岸の湾。女川町東部を占める。湾口北側に出島 (いずしま) ,南東部に江ノ島列島がある。江戸時代には湾岸に 20の小漁村があって,女川組二十浜といわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おながわ‐わん〔をながは‐〕【女川湾】

宮城県東部にある湾。牡鹿(おしか)半島の基部にあり、南北の二つの支湾に分かれる。北側の湾奥に女川(おながわ)漁港、南岸に女川原子力発電所がある。湾内ではカキ・ワカメの養殖が盛ん。三陸復興国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕女川湾(おながわわん)


宮城県東部、牡鹿(おしか)半島の東岸にある湾。水深のある溺(おぼ)れ谷の湾で、南部に支湾の五部浦(ごぶうら)湾が分かれる。北西に深く入り込んだ湾奥に位置する女川港は遠洋・沖合漁業の基地で、金華山(きんかさん)への高速観光船が発着。南岸の湾口近くに女川原子力発電所がある。湾内ではホヤ・ワカメの養殖や定置網漁行われる。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女川湾
おながわわん

宮城県東部、牡鹿(おしか)半島北東部にある湾入。湾口にあたる寄磯(よりいそ)半島北端と出島(いずしま)の間は約4キロメートル、そこから湾奥の女川港まで約8キロメートルある。リアス式海岸のため水深があり、漁港女川港には10万トン級の船舶も入港してきた。湾内は有数の浅海養殖漁場であり、古くからのノリ、カキに加え、近年はホタテガイ、ホヤも養殖されている。なお、女川町小屋取(こやどり)地区には、東北電力女川原子力発電所が建設された。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女川湾の関連キーワード牡鹿田代島小牡鹿小牡鹿の女川原子力発電所牡鹿[町]宮城県牡鹿郡牡鹿〈町〉宮城県牡鹿郡女川町雄勝湾

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女川湾の関連情報