女川(読み)おながわ

  • おながわ をながは

精選版 日本国語大辞典の解説

宮城県東部、牡鹿半島の基部東側の地名。前九年・後三年の役に、安倍貞任が一族の婦女子を避難させた黒森山から流れる川を、女川と称したことによる。漁港・避難港として発達して現在は遠洋漁業の基地。ウミネコ・ウトウの繁殖地、江ノ島(えのしま)がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女川の関連情報