コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娘娘 ニャンニャン

2件 の用語解説(娘娘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

娘娘【ニャンニャン】

中国の民間信仰の女神。〈娘娘〉とは〈母〉〈貴婦人〉〈皇后〉などの意。天母(泰山)娘娘,聖母(天后)娘娘を筆頭に,職掌に応じて以下のようなものがある。送子娘娘・子孫娘娘(授子),【マー】【マー】娘娘(授乳),眼光娘娘(眼病治療),財福娘娘(施福・長寿)。
→関連項目大石橋道教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニヤンニヤン【娘娘 Niáng niang】

かつて中国で行われた民間信仰の女神。娘娘の語は,もともとは母,高貴な婦人,皇后などの意に用いられた。この女神は,天母娘娘(泰山娘娘),聖母娘娘(天后娘娘)を最上位に,その配下にそれぞれの職掌ごとに種々の娘娘があった。子授けや出産をつかさどる送子(生)娘娘・子孫娘娘・催生娘娘,母乳が出るようにしてくれる奶奶娘娘,眼病を治してくれる眼光娘娘,天然痘を治してくれる痘疹娘娘・天花娘娘,幼児の魂を入れ換える偸生娘娘,発財や出世・長寿をつかさどる財福娘娘など多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

娘娘の関連キーワードおしら様呉楽設楽神俗信卜筮民間信仰賢良胡楽采詩竜神祭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

娘娘の関連情報