(読み)むすめ

精選版 日本国語大辞典の解説

むす‐め【娘】

〘名〙 (「生(む)す女(め)」の意)
① 親にとって、自分の子である女。めのこ。息女。
※書紀(720)雄略九年七月(前田本訓)「飛鳥戸(あすかへ)の郡の人田辺史(ふひと)伯孫が女(ムスメ)は古市の郡の人、書首(ふむのおひと)加龍が妻なり」
② 未婚の女性。若い女。おとめ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※枕(10C終)九九「稲といふものをとり出でて、〈略〉そのわたりの家のむすめなどひきゐてきて」
③ 江戸、深川の遊里で、客の応対、遊女のとりもちなどにあたった女。娘分(むすめぶん)
※洒落本・辰巳之園(1770)「河辺の娘が半四郎をまねるも、久しもんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう【娘】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョウ(ヂャウ)(漢) [訓]むすめ
〈ジョウ〉
少女。女子。「娘子軍
母。「爺娘(やじょう)」
〈むすめ〉「娘心生娘(きむすめ)愛娘(まなむすめ)
[難読]姑娘(クーニャン)

むす‐め【娘】

《「生(む)す女(め)」の意》
親にとって自分の子である女性。「を嫁にやる」⇔息子
未婚の若い女性。おとめ。また、処女。きむすめ。「街を行く華やかなたち」
[下接語]悪戯(いたずら)娘鬼娘おぼこ娘看板娘生(き)娘小町娘小娘総領娘箱入り娘花娘一人娘弁天娘孫娘愛(まな)娘継(まま)娘婿取り娘・貰(もら)い娘・山娘雪娘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android