コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子鹿物語 こじかものがたりThe Yearling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子鹿物語
こじかものがたり
The Yearling

アメリカの女流作家マージョリー・ローリングズの小説。 1938年刊。フロリダの原野を背景に,バクスター一家のひとり息子ジョディ少年と母親のいない子鹿との間の愛情の交流を中心に,少年の成長を綴ったもの。ピュリッツァー賞受賞作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

子鹿物語【こじかものがたり】

米国の女性作家ローリングスMarjorie Rawlings〔1896-1953〕の小説。1938年作。原題のThe Yearlingは〈満一歳児〉の意。フロリダの山中に住む少年と,彼が拾い育てた子鹿との物語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

子鹿物語

日本のテレビアニメ。放映はNHK(1983年11月~1985年1月)。原作:マージョリー・キーナン・ローリングスによる児童文学作品『子鹿物語』。制作:ビジュアル80。

子鹿物語

1946年製作のアメリカ映画。原題《The Yearling》。ピュリッツァー賞を受賞したマージョリー・キーナン・ローリングスの同名小説の映画化。監督:クラレンス・ブラウン、出演:グレゴリー・ペック、ジェーン・ワイマン、クロード・ジャーマン・ジュニアほか。第19回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同室内装置賞(カラー)、撮影賞(同)受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こじかものがたり【子鹿物語】

小説。アメリカの女性作家ローリングズ作。1938年刊。子鹿をめぐり大人にならなければならない少年の哀しみを鮮やかに描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子鹿物語
こじかものがたり
The Yearling

アメリカの女流作家ローリングズの長編小説。1938年刊。南北戦争後のフロリダで開拓生活を送るバクスター家のひとり息子ジョディが、偶然手に入れた子ジカとともに楽しい1年を送るが、やがて野性に戻ったシカは、農作物を荒らしたため射殺される。人間と動物の愛と悲劇を描いている。原名「イアリング」(一年子)が象徴するように、少年時代から大人へと移行する時期の子供が、鮮やかな自然環境の描写とともに、生き生きと描かれて感動をよぶ。ピュリッツァー賞を受賞し、第二次世界大戦後、映画化された。[神宮輝夫]
『大久保康雄訳『子鹿物語』上中下(偕成社文庫) ▽繁尾久訳『子鹿物語』上下(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

子鹿物語の関連キーワードマージョリー・K. ローリングズ永井 萠二

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子鹿物語の関連情報