コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔祥煕 こうしょうき

2件 の用語解説(孔祥煕の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

孔祥煕【こうしょうき】

中国四大家族の一人。H.H.Kungと通称。山西省出身。米国留学の後,孫文のもとで活躍。閨閥(けいばつ)を通じ1930年以降国民政府の財政・経済の要職を歴任,金融界を支配し巨富を蓄積する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孔祥煕
こうしょうき / コンシヤンシー
(1881―1967)

中国の実業家、政治家。孔子の75世の後裔(こうえい)。明(みん)末に山東(さんとう/シャントン)から山西(さんせい/シャンシー)へ移ったため山西省の金融業の家に生まれる。アメリカ人宣教師経営の太谷小学を卒業、同じく宣教師経営の北清連合書院(北京(ペキン)近郊)に学び(1896~1900)、ついで李鴻章(りこうしょう)の命で1901年アメリカ留学、1906年オベリン大学卒業、1907年エール大学修士を取得し帰国。在米中に孫文(そんぶん/スンウェン)と会ったことも影響して清(しん)朝の官途につかず、郷里に銘賢(めいけん)学校を設立。1913~1916年(大正2~5)東京で孫文の英語秘書を務め、宋靄齢(そうあいれい/ソンアイリン)(宋嘉樹(そうかじゅ/ソンチーアシュー)の長女。次女の宋慶齢(そうけいれい/ソンチンリン)は孫文夫人、長男は宋子文(そうしぶん/ソンツーウェン)、三女の宋美齢(そうびれい/ソンメイリン)は蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)夫人)と結婚。1919年山西に戻り家業と学校の経営にあたり、1924年国民党一全大会に参加。孫文死後は蒋介石を公私両面で支持し、宋美齢との仲人(なこうど)にもなる。1928年国民政府実業部長、1933年中央銀行総裁につき1935年の幣制改革を実現した。1939~1944年行政院副院長。1945年引退。1948年以降アメリカに在住し、台湾は数回訪問しただけであった。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孔祥煕の関連キーワード拡大家族エッチ四大家大家族Hアイアン法H氏賞元曲四大家中国四大奇書四HクラブH(エッチ)定理

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone