コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋美齢 そうびれい Song Mei-ling

6件 の用語解説(宋美齢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋美齢
そうびれい
Song Mei-ling

[生]光緒27(1901).4.1. 上海
[没]2003.10.23. ニューヨーク
中国,台湾の婦人政治家。蒋介石夫人。宋慶齢の妹。アメリカのウェスリアン女子大学卒業。 1927年蒋介石と結婚。 1930~32年国民政府立法委員。 1936年 12月西安事件で蒋介石を救出するため西安に乗り込んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そう‐びれい【宋美齢】

[1901~2003]中国の政治家。広東(カントン)省海南島の人。蒋介石(しょうかいせき)夫人。宋慶齢宋子文の妹。1927年結婚以来、国民政府立法委員をはじめ要職を歴任。ソン=メイリン。

ソン‐メイリン【宋美齢】

そうびれい(宋美齢)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宋美齢【そうびれい】

中国の政治家。蒋介石の夫人。海南島の人。宋慶齢宋子文の妹。米国留学後,1927年蒋介石と結婚。実業家としても活躍し,西安事件では蒋の救出に努力した。蒋をたすけて特に対米交渉などに尽力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

そうびれい【宋美齢】

1901~2003) 中国の政治家。蔣介石の夫人。宋慶齢・宋子文の妹。西安事件では蔣の救出に努め、第二次大戦後は再三渡米して対華援助を要請した。ソン=メイリン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋美齢
そうびれい / ソンメイリン
(1897/1901―2003)

蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)夫人。宋子文(そうしぶん/ソンツーウェン)は兄、宋靄齢(そうあいれい/ソンアイリン)(孔祥煕(こうしょうき/コンシヤンシー)夫人)、宋慶齢(そうけいれい/ソンチンリン)(孫文(そんぶん/スンウェン)夫人)は姉。父、宋嘉樹(そうかじゅ/ソンチーアシュー)(耀如(ようじょ/ヤオルー)は号)は実業家であり、孫文の有力な後援者であった。上海(シャンハイ)に生まれ、両親とも熱烈なクリスチャンで、父はアメリカの神学校を卒業し、英語が巧みで、当時としては非常に開明的な家庭に育った。
 1908年宋慶齢とともに留学のため渡米した。17年ウェルズリー女子大学を卒業。帰国し、上海のYWCAでさまざまな社会活動に従事した。27年家族の反対を押し切って蒋介石と結婚した。蒋介石はこの結婚に際し妻を離縁した。結婚後、宋美齢は政治面で夫の片腕となり夫を助け、蒋介石は宋家の閨閥(けいばつ)や財力を利用し自らの権力基盤を強固なものにしていった。以後、宋美齢は、国民政府立法委員、国民党中央航空委員会秘書長、新文化運動委員会主席、婦女評議委員会主席、国民党中央執行委員会常務委員などを務めた。また、軍閥との戦争や第一次国共内戦では、前線の兵士を慰問し、傷病兵の看護の陣頭指揮にもあたった。36年西安(せいあん/シーアン)事件の際には、宋子文とともに西安に飛び周恩来(しゅうおんらい/チョウエンライ)と会見、交渉して、蒋介石釈放に成功。その辣腕(らつわん)ぶりを世に示した。日中戦争中、42年訪米し、巧みな英語を駆使し、アメリカ国会での演説を手始めにアメリカ各地を遊説。中国支援の世論を喚起し、アメリカ政府から多大の対中援助を引き出すことに成功した。第二次国共内戦の劣勢のなか、48年12月に訪米し、アメリカ政府にその内戦不介入政策の変更を迫ったが失敗。アメリカ滞在中の49年10月に共産党軍が中国大陸を制覇し、中華人民共和国が誕生した。
 1950年1月、宋美齢は台湾に逃れた蒋介石のもとに帰り、以後中華婦女反共抗ソ連合会主席、国民党中央評議委員会主席団主席などを務めるとともに、たびたび訪米し中華民国支持の世論を喚起して、アメリカ政府から多大の援助を引き出し、対米外交に貢献した。75年蒋介石が死去すると渡米し、以後台湾・アメリカ間を往来したが、91年9月以後はアメリカに定住した。なお、生年には1897年と1901年の2説がある。[阿川修三]
『蒋宋美齢著、長沼弘毅訳『わが愛する中華民国』(1970・時事通信社) ▽スターリング・シーグレーブ著、田畑光永訳『宋王朝――中国の富と権力を支配した一族の物語』上下(1986・サイマル出版会) ▽伊藤純・伊藤真著『宋姉妹――中国を支配した華麗なる一族』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宋美齢の言及

【蔣介石】より

…以後全国で反共テロを行い,10年に及ぶ国共内戦の発端をつくった。同年末,孫文夫人宋慶齢の妹宋美齢と結婚,胡漢民,汪精衛を抑えて孫文の〈後継者〉の地位を固めようとした。 28年南京国民政府成立後,国民政府軍事委員長,中央政治会議主席となり,軍事・政治の大権を握って独裁をすすめるが,29‐30年,これに反発する各地の軍閥の反蔣戦争が起こった。…

【宋慶齢】より

…上海生れ。宋靄齢(孔祥熙夫人)の妹,宋美齢(蔣介石夫人)・宋子文の姉。アメリカ留学後,1915年孫文と結婚。…

※「宋美齢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宋美齢の関連キーワード唐熊王芸生光緒帝生く一級上原下げ下の句劉明電光緒元宝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宋美齢の関連情報