宋子文(読み)そうしぶん(英語表記)Song Ziwen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋子文
そうしぶん
Song Ziwen

[生]光緒20 (1894).12.4. 中国,上海
[没]1971.4.24. アメリカ合衆国,カリフォルニア,サンフランシスコ
中国の政治家,財界人。いわゆる四大家族の一人で浙江財閥宋慶齢に,宋美齢を妹にもつ。上海のセント・ジョーンズ大学卒業後アメリカ合衆国に渡り,1915年ハーバード大学卒業。1925年広東政府財政部長に就任して以後国民政府の財政を握り,1932~33年中国中央銀行総裁。1935~43年中国銀行董事長。1940年から蒋介石個人使節としてアメリカのフランクリン・D.ルーズベルト大統領と接触した。1942~45年外交部長,1945~47年行政院院長。1945年サンフランシスコ国際連合創設会議に中国代表団長として参加。1947~49年広東省政府主席。1949年ホンコンに移り,1950年からアメリカに居住

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宋子文【そうしぶん】

中国,国民政府の政治家,大財閥。四大家族の一人。宋慶齢の弟,宋美齢の兄。広東省の人。米国留学後,1928年以来国民政府の行政院副院長,財務部長,外交部長,行政院長を歴任し,中国銀行理事長となる。その間に地位を利用して巨富を蓄積し,内戦末期に米国に亡命,1963年台湾に帰国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうしぶん【宋子文 Sòng Zǐ wén】

1894‐1971
中国,民国時代の政治家。上海の生れ。T.V.Soongとも表記される。宋靄齢,宋慶齢の弟,宋美齢の兄で,〈四大家族〉の一人である。アメリカに留学の後,1928年から33年まで中国国民政府の財政部長ならびに中央銀行総裁を務め,また1931年から全国経済委員会の責任者でもあった。ほぼ一貫して南京国民政府の財政・経済政策の責任者であり,欧米諸国と親密な関係にあった。49年,アメリカに亡命。【川井 悟】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋子文
そうしぶん / ソンツーウェン
(1894―1971)

中国の政治家。広東(カントン)省の出身。1915年アメリカのハーバード大学卒業。孫文死後の中国国民党を支える四大家族の一つ、宋家の男子として、蒋介石(しょうかいせき)を頂点とする党・政府に参加、1928年以来、行政院副院長、財政部長、中央銀行総裁、外交部長などを歴任した。生活・発想もアメリカ風で、アメリカとの関係が深く、1940年にルーズベルト大統領への蒋介石の個人代表を委任され、第二次世界大戦後のサンフランシスコ講和会議の中国代表などを務めた。1945年6月から1947年まで国共内戦期に行政院院長を務め、その地位を利用して蓄財した。1949年、人民解放軍が進撃するとフランス経由でアメリカに亡命。1963年に台湾に帰国、そこで余生を送った。

 なお、姉は宋靄齢(あいれい)(孔祥煕(こうしょうき)夫人)、宋慶齢(けいれい)(孫文夫人)、妹は宋美齢(びれい)(蒋介石夫人)である。

[加藤祐三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐しぶん【宋子文】

中国の財政家、政治家。宋慶齢の弟、宋美齢の兄。広州中央銀行総裁、国民政府の財政部長、行政院長、駐米大使、広東省長などを歴任。一九四九年アメリカに亡命、六三年台湾に帰国。(一八九四‐一九七一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宋子文の言及

【全国経済委員会】より

…1931年6月,組織条例が公布され,10月に成立した。委員には蔣介石,宋子文ほか,政府の建設各部局の長官,国民党の元老,上海の銀行家・実業家を含み,国際連盟からの技術援助を受けつつ,政府の建設計画を審議する諮問機関であった。33年9月,財源としてアメリカからの綿麦借款を得て,公路(自動車道路)建設,水利建設,綿業統制,蚕糸改良などの具体的な建設活動を担当する建設実施機関に改組された。…

【宋慶齢】より

…上海生れ。宋靄齢(孔祥熙夫人)の妹,宋美齢(蔣介石夫人)・宋子文の姉。アメリカ留学後,1915年孫文と結婚。…

【四大家族】より

…中国,民国時代の四大家族財閥。蔣介石,宋子文,孔祥熙,陳果夫と陳立夫の各家族を指す。いずれも南京国民政府時代に,国民党および国民政府の要職につくことによって財産蓄積の基礎をつくり,日中戦争時期の統制経済の中で大財閥に発展した。…

※「宋子文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報