コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇高航路 うこうこうろ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇高航路
うこうこうろ

四国旅客鉄道管理の航路名。旧鉄道連絡航路。宇野(岡山県)―高松(香川県)間11.3海里(21.0キロメートル、上下航路距離の平均)、ただし営業キロ数は18キロメートル。本州―四国間の鉄道連絡航路は、山陽鉄道会社が、子会社の山陽汽船によって、1903年(明治36)岡山―高松間と、尾道(おのみち)―多度津(たどつ)間に開設したのが最初であり、1906年山陽鉄道とともに国有化された。1910年宇野線の開通とともに、前記2航路は廃止されて、新たに宇野―高松間航路が開始された。一般貨物輸送は宇高航路開設時には、艀(はしけ)に積み替えて行われたが、1921年(大正10)から曳航艀(えいこうはしけ)による貨車航送を始め、1930年(昭和5)に至って、最初の自走貨車航送船が就航した。客載貨車航送船が就航したのは、1948年(昭和23)であった。航路の開設以来、本州と四国を結ぶ幹線交通路の一部であったが、1970年代以降、航空輸送や自動車交通の発達とともに宇高連絡航路の重要性は低下した。しかし、その後も宇野―高松間には高速艇が就航し、1972年から国鉄(現JR)はホバークラフトを就航させ、通常の連絡船では1時間かかる所要時間を23分で運航した。1987年国鉄分割民営化に伴い、四国旅客鉄道の管理となった。1988年瀬戸大橋の完成により、鉄道は本四備讃線(瀬戸大橋線。茶屋町―宇多津間)が開通して、鉄道連絡船の運航は終了。その後、連絡船讃岐(さぬき)丸以外の船は売却された。讃岐丸はその後8年間観光船として活躍したが、1996年(平成8)廃止された。宇野―高松間には国道フェリーと四国フェリーの2社も就航しており、こちらも宇高航路とよばれている。[青木栄一・青木 亮]
『四国旅客鉄道編『さようなら宇高連絡船』(1988・交通公社) ▽読売新聞高松支局編『霧笛が消える 宇高連絡船の軌跡』(1988・美巧社) ▽萩原幹生編著『宇高連絡船78年の歩み』(2000・成山堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宇高航路の言及

【鉄道連絡船】より

…以来,25年の貨車航送開始,太平洋戦争による連絡船喪失,54年の洞爺丸海難などの曲折があったが,自動化,近代化された十和田丸など11隻(客載車両渡船7隻,車両渡船4隻)が就航していた。(2)宇高航路(宇野~高松間) 1910年の宇野線の開通とともに開設され,玉藻丸,児島丸(客船)の2隻で営業を開始した。21年貨車航送開始。…

※「宇高航路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宇高航路の関連キーワードホバークラフト檜垣 直右浮標式宇野線

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇高航路の関連情報