コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木田 あらきだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木田
あらきだ

元東京・荒川沿岸の荒木田原に産した壁土用の土で,粘着力があり,土俵盛り土に最も適した土である。現在は利根川南岸我孫子市付近から運んでいる。土俵一つに,4t車8台分を要するが,国技館では,たいていは中心部はそのまま,表面だけを取り替えるので,4t車2台分で足りる。地方本場所ではその土地の粘土質の土を使う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あらきだ【荒木田】

もと、東京荒川沿いの荒木田原に産した粘着力の強い茶褐色の土。相撲の土俵用。現在では産地に関係なく同種の土をいい、土壁や園芸などに用いる。荒木田土

あらきだ【荒木田】[姓氏]

姓氏の一。伊勢神宮の神主一族の名。
[補説]「荒木田」姓の人物
荒木田久老(あらきだひさおゆ)
荒木田守武(あらきだもりたけ)
荒木田麗女(あらきだれいじょ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらきだ【荒木田】

もと東京荒川沿岸の荒木田原に産した土。茶褐色の粘土で粘着力に富む。現在は産地にかかわらず水田・沼などから産する同種の土をいう。壁土や園芸用。相撲の土俵の盛り土にも用いる。荒木田土。

あらきだ【荒木田】

姓氏の一。伊勢皇大神宮の禰宜・権禰宜を世襲した一族。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荒木田の関連キーワード荒木田久老(あらきだひさおい)荒木田神主首麻呂皇太神宮儀式帳新撰菟玖波集荒木田麗女荒木田久老川粘・河粘俳諧の連歌荒木田斎震荒木田久守荒木田大学河崎清厚荒木田氏野井安定月の行方槻の落葉藤波氏冨足代弘訓山崎宗鑑池の藻屑

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒木田の関連情報