コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前句付(け) マエクヅケ

デジタル大辞泉の解説

まえく‐づけ〔まへク‐〕【前句付(け)】

雑俳の一。出題された七・七の短句前句)に五・七・五の長句付句)をつけるもの。元禄(1688~1704)ごろから庶民の間に流行、のちの川柳母体となる。例えば「美事(みごと)なりけり美事なりけり」に「要(かなめ)ぎは残してさっと海に落ち」とつける類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

前句付【まえくづけ】

雑俳の中心的様式。7・7の14音の前句に5・7・5の17音の長句の後句をつけたり,逆に17音に14音の短句を付けたりする。連歌俳諧(はいかい)の付句の練習の意味で行われていたものが独立し,元禄ころから流行。
→関連項目朱楽菅江笠付柄井川柳狂句末摘花武玉川柳多留

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まえくづけ【前句付】

雑俳の中心的な様式。出題された前句に付句(つけく)をするもの。連歌時代から付合(つけあい)練習として行われてきた,5・7・5の17音に7・7の14音の短句を付けたり,14音に17音の長句を付けたりする二句一章の付合単位が,元禄(1688‐1704)ごろから,俳諧から離れて,機智的な人事人情を求める民衆文芸として独立。さらに笠付川柳風狂句を生み出した。〈あつい事也あつい事也/たまらずにそなたも蚊やを出た衆か〉〈世の中は大方うそとおもはるゝ/節季の貧は見えぬ元日〉(《すがたなそ》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前句付
まえくづけ

雑俳」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前句付
まえくづけ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の前句付(け)の言及

【賭博】より

…六句とは各句ごとに四季と恋と名所の合計六つをそれぞれ詠みこんだもので,6句を1組とした作句である。六句付は下の句の出題に対し上の句(前の句)を創作して解答する方法で,連歌と同様に前句付(まえくづけ)と呼ばれた。寛文年間(1661‐73)末期には前句の創作の良否によって作者の成績の順位を明確にし,杯や扇子などを賞品として与えるようになった。…

※「前句付(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前句付(け)の関連キーワード川柳(柄井八右衛門)蝶々子(1)川柳(短詩)塵塚誹諧集川柳風狂句俳諧・誹諧良弘(2)呉陵軒可有堀江林鴻日暮重興岸本調和前句付け小西来山鹿島白羽三田浄久立羽不角化鳥風謎付け天水抄錦文流

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android