コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安国寺遺跡 あんこくじいせき

2件 の用語解説(安国寺遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あんこくじいせき【安国寺遺跡】

大分県東国東郡国東町大字安国寺字前田にある弥生時代後期から古墳時代初頭におよぶ集落遺跡。遺跡は田深川の右岸で現在の水田下の湿地にあり,1949年から52年に九州文化総合研究所と大分県によって合計7次にわたる発掘調査が行われ,当時,九州では珍しい木器類の豊富な遺跡として有名になった。住居跡は粘土層に掘り込まれた掘立柱の柱根が残っていたことから確認され,住居地帯はU字形にめぐる周溝に囲まれた平たん部にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安国寺遺跡
あんこくじいせき

大分県国東(くにさき)市国東町(くにさきまち)安国寺にある弥生(やよい)後期の遺跡。遺跡は弥生文化の低地集落の一つの型を示すU字溝内に住居地を形成するものである。1950年(昭和25)以来3か年にわたり5回、九州総合研究所と大分県が共同で調査を行った。国東半島の中央から東に向かう田深川の右岸に位置し、低地にU字溝をもつ一種の環溝集落で、この主溝から北東に向かう溝が走り、その部位に矢板や杭(くい)列がみられ、炭化米とともに水田の畦畔(けいはん)の存在が確認された。遺物は、土器に櫛歯(くしば)波状文が施され、その文様の特徴から安国寺式と名づけられた。また、溝の中より発見された木器類にもみるべきものが多い。[賀川光夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安国寺遺跡の関連キーワード安国寺国東国東半島両子山別府湾国東市馥郁大分空港くにさきくにみ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone