安定恐慌(読み)あんていきょうこう(英語表記)stabilization crisis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安定恐慌
あんていきょうこう
stabilization crisis

インフレーション収束過程で生じるデフレーション的経済現象。この場合は通常の景気循環の一過程としての好況局面へ続くものではないから,循環性恐慌とは区別される。インフレーションを抑えるため緊縮財政などきびしい政策がとられると,物価の下落に加え,金融逼迫,企業倒産,失業の増大などの恐慌現象を引起す。第1次世界大戦後のドイツでその典型的な例がみられたが,日本でも類似の現象は第2次世界大戦後まもなく実施されたドッジ・ラインに基づく円価値安定期にみられた。このとき日本では,1949年から翌 50年上期へかけて日本銀行券発行残高が横ばいで推移し,消費者物価は下落し,失業者は増加した。もっともこれによって日本経済は戦後インフレーションから脱し,朝鮮戦争の特需などと相まって戦後の経済復興を軌道に乗せることが可能となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

安定恐慌【あんていきょうこう】

インフレを終わらせるため,政府が赤字財政を改め,金融を引き締めて貨幣価値を安定させる政策をとるときに起こる経済混乱。企業は金詰りとなり倒産,失業者がふえる。マルク貨安定を図った第1次大戦後のドイツ,ドッジ・ラインによるインフレ収束策後の日本がその例。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あんていきょうこう【安定恐慌】

インフレーションを収束させ、通貨価値を安定させるのに伴い生ずる経済的恐慌状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんてい‐きょうこう ‥キョウクヮウ【安定恐慌】

〘名〙 インフレーションを収束させ、通貨価値を安定させる際に生ずる恐慌。デフレ政策あるいは、為替相場の引き上げ政策がとられるため、通貨数量は収縮し、金詰まりになり、企業の倒産と失業者が増大する。第一次大戦後のドイツ、ドッジ‐ライン直後の日本にその例をみる。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android