コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安永田遺跡 やすながたいせき

3件 の用語解説(安永田遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やすながたいせき【安永田遺跡】

佐賀県鳥栖市柚比町安永田にある弥生時代中期の銅鐸,銅鉾などの青銅器鋳造の工房を有する集落跡。脊振山地東端の九千部山の南麓に派生する谷の入り組んだ,標高約50mの丘陵鞍部の傾斜地にある。住居跡は58基あって谷に向かって開き,馬蹄形に配され,中央部の空地には,炉跡,祭祀遺構がある。遺物は,弥生時代中期末ごろの土器に伴って,外縁付鈕式の横帯文銅鐸の鋳型と中細・中広式銅矛の両者型を彫った鋳型および星形石器が出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

やすながたいせき【安永田遺跡】


佐賀県鳥栖(とす)市柚比(ゆび)町にある集落跡。市の北東部に広がる段丘上に立地する柚比遺跡群の中に所在する。遺跡群は、約6000haの範囲に弥生時代以降の遺跡約30ヵ所が点在。1979年(昭和54)の範囲確認調査で銅鐸(どうたく)鋳型片が出土し注目を集め、翌年からの発掘調査で青銅器鋳造に関連する遺構や遺物が検出された。1982年(昭和57)に弥生時代中期後半における九州での銅鐸鋳造を示す具体的な遺跡として、国の史跡に指定された。出土した銅鐸鋳型5点、銅矛(どうほこ)鋳型5点は重要文化財。銅鐸鋳型片の出土は、弥生文化を特徴づける北部九州を中心とする銅矛・銅剣文化圏、近畿地方を中心とする銅鐸文化圏という和辻哲郎が提唱した従来の見解に大きな影響を与える発見だった。遺構は竪穴(たてあな)住居跡49軒、甕棺墓(かめかんぼ)37基など、遺物は多数の土器のほか、銅鐸、鞴(ふいご)の羽口、砥石(といし)、石包丁などが出土している。JR鹿児島本線ほか鳥栖駅から車で約10分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安永田遺跡
やすながたいせき

佐賀県鳥栖(とす)市柚比(ゆび)安永田の丘陵地帯の谷頭に位置する弥生(やよい)時代の青銅器を鋳造した集落跡。1979~81年(昭和54~56)鳥栖市教育委員会の発掘調査で出土した銅鐸(どうたく)の鋳型(いがた)は、畿内(きない)を中心とした銅鐸分布圏外からの発見で、銅鐸文化圏と銅剣・銅矛文化圏といった弥生時代文化圏の定説に大きな問題を提起した。集落跡は弥生時代中期末を中心に約40戸営まれ、これらの遺構・遺物包含層から、弥生時代中期末の土器に伴って、銅鐸の鋳型が発見された。ほかに銅矛鋳型、ふいごの羽口(はぐち)片が出土し、この集落跡が青銅器類の工房跡と確認された。銅鐸鋳型は横帯文系、銅矛は中広形の型式である。隣接の甕棺(かめかん)墓地から、かつて中細形の銅戈(どうか)が出土している。82年国の史跡に指定された。[高島忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安永田遺跡の関連情報