コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達憲忠 あだち けんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達憲忠 あだち-けんちゅう

1857-1930 明治-大正時代の社会事業家。
安政4年8月3日生まれ。岡山の遺芳館にまなび,新聞記者として自由民権運動に参加。明治24年東京市養育院院長渋沢栄一のすすめで同院幹事となる。里親制度開拓伝染病の隔離療養など同院の改革のほか,無料宿泊所の創設などにつくした。昭和5年12月2日死去。74歳。備前(岡山県)出身。著作に「窮児悪化の状況」「か富か」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あだちけんちゅう【安達憲忠】

1857‐1930(安政4‐昭和5)
明治・大正期の社会事業家。岡山の人。幼くして母と死別遠戚の天台宗寺院で育ち,仏教を修める一方,藩校で経学を学ぶ。新聞記者として自由民権運動にたずさわり,岡山自由党の四天王の一人と称され,集会条例違反で入獄したこともある。その後上京し,1888年東京府に奉職,92年養育院幹事となる。1919年退職するまで,渋沢栄一養育院院長の補佐役として,井之頭学校,安房分院,巣鴨分院,板橋分院の創設等にかかわり,養育院の発展に尽力した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

安達憲忠の関連キーワード8月4日大正時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android