定まる(読み)サダマル

デジタル大辞泉の解説

さだま・る【定まる】

[動ラ五(四)]
決定する。きまる。「方針が―・る」「運命が―・る」「心が―・る」
明らかになる。はっきりする。「話の焦点が―・る」
落ち着く。安定する。「評価が―・る」「―・った収入」
治まる。静まる。「天候が―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さだまる【定まる】

( 動五[四] )
考え・方針などがきちんとできあがる。確定する。きまる。 「方針が-・る」 「いまだに目標が-・らない」
体の位置・姿勢などが変化しないようになる。安定する。 「腰が-・らない(=対スル態度ガハッキリシナイ)」 「足元が-・らない」
安定した良い状態になる。落ち着く。 「天候が-・らない」 「事移り世の中-・らぬ折は/源氏 澪標
慣例・様式となる。 「 - ・った用紙がある」 「神世には歌の文字も-・らず/古今 仮名序」 〔「定める」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定まるの関連情報