定義温泉(読み)じょうげおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定義温泉
じょうげおんせん

宮城県中央部、仙台市青葉区にある温泉。大倉川上流、後白髪(うしろしらひげ)山の南麓(なんろく)にある。精神病に卓効ありといわれる。泉質は塩化物泉。定義の集落は平家の落人(おちゅうど)の伝説をもち、平貞能(さだよし)(定義)が阿弥陀如来(あみだにょらい)を祀(まつ)ったといわれる西方寺(定義如来)がある。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android