コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定陵 ていりょう Ding-ling

4件 の用語解説(定陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定陵
ていりょう
Ding-ling

中国,明の第 14代神宗万暦帝の陵。北京市北郊の明十三陵の一つである。万暦 12 (1584) 年から6年をかけて営造された。 1956~58年にわたって発掘され,地下 27mの深さにある墓の内容が明らかにされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定陵【ていりょう】

中国,河北省昌平県小峪山の東にある朝第14代皇帝神宗(万暦帝)〔1563-1620〕の陵。1956年―1958年に発掘され,壮大なことと,副葬品の絢爛(けんらん)豪華なことで注目を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ていりょう【定陵 Dìng líng】

中国,明の14代皇帝万暦帝の陵墓。北京市北郊の天寿山のふもとの小盆地に分布する明十三陵の一つ。1583年(万暦11)から建設を開始し,6年の年月と銀800万両を費やしたという。万暦帝のほか孝端皇后,孝靖皇后を合葬する。陵域は神道(しんどう),稜恩門,稜恩殿(焼失),明楼,墳丘からなり,明楼と墳丘以外はしばしば破壊された。墳丘は円墳で,地下に設けられた墓室(玄宮)が1956‐58年に発掘されている。塼積み墓道,石積み墓道の奥に金剛墻とよばれる大きな壁があり,鉄扉によってここから墓室の前室につながる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定陵
ていりょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の定陵の言及

【明十三陵】より

…中国,北京市の昌平県にある明の13帝の陵墓。天寿山下にあり長陵(成祖),献陵(仁宗),景陵(宣宗),裕陵(英宗),茂陵(憲宗),泰陵(孝宗),康陵(武宗),永陵(世宗),昭陵(穆宗),定陵(神宗),慶陵(光宗),徳陵(熹宗),思陵(思宗)の13陵をさす。総面積40km2。…

【陵墓】より

…この地は引き続き明朝陵墓が集中し,明十三陵とよばれる。そのうち万暦帝の定陵が発掘され,地下宮殿としてその巨大な墓室と豪華な副葬品が公開されている。清は明の陵制を引き継いだ(清陵)。…

※「定陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

定陵の関連キーワード永泰公主墓契丹語東陵万暦帝明十三陵鞏県宋陵明の十三陵清陵福王明-清朝の皇帝陵墓群

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone