定陵(読み)ていりょう(英語表記)Ding-ling

  • 定陵 Dìng líng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,の第 14代神宗万暦帝。北京市北郊の明十三陵の一つである。万暦 12 (1584) 年から6年をかけて営造された。 1956~58年にわたって発掘され,地下 27mの深さにある墓の内容が明らかにされた。墓室は前中後左右の5つの室から成り,総面積は 1195m2にも及ぶ巨大なもので,まさに地下宮殿と呼ぶにふさわしい。後殿には3個の木棺が置かれ,宝冠をはじめとして多数の副葬品が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中国,河北省昌平県小峪山の東にある朝第14代皇帝神宗(万暦帝)〔1563-1620〕の陵。1956年―1958年に発掘され,壮大なことと,副葬品の絢爛(けんらん)豪華なことで注目を集めた。墓室は5室の広大な石築殿堂を連結して作られ,入口から奥壁まで87m。副葬品は,鳳冠(ほうかん),金冠,衣服帯鉤(たいこう),金銀容器,玉製容器,漆器,銅鏡,武器など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,明の14代皇帝万暦帝陵墓。北京市北郊の天寿山のふもとの小盆地に分布する明十三陵の一つ。1583年(万暦11)から建設を開始し,6年の年月と銀800万両を費やしたという。万暦帝のほか孝端皇后,孝靖皇后を合葬する。陵域は神道しんどう),稜恩門,稜恩殿(焼失),明楼,墳丘からなり,明楼と墳丘以外はしばしば破壊された。墳丘は円墳で,地下に設けられた墓室(玄宮)が1956‐58年に発掘されている。塼積み墓道,石積み墓道の奥に金剛墻とよばれる大きな壁があり,鉄扉によってここから墓室の前室につながる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の定陵の言及

【明十三陵】より

…中国,北京市の昌平県にある明の13帝の陵墓。天寿山下にあり長陵(成祖),献陵(仁宗),景陵(宣宗),裕陵(英宗),茂陵(憲宗),泰陵(孝宗),康陵(武宗),永陵(世宗),昭陵(穆宗),定陵(神宗),慶陵(光宗),徳陵(熹宗),思陵(思宗)の13陵をさす。総面積40km2。…

【陵墓】より

…この地は引き続き明朝陵墓が集中し,明十三陵とよばれる。そのうち万暦帝の定陵が発掘され,地下宮殿としてその巨大な墓室と豪華な副葬品が公開されている。清は明の陵制を引き継いだ(清陵)。…

※「定陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android