コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝山文蔵(11代) ほうざん ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝山文蔵(11代) ほうざん-ぶんぞう

?-1769 江戸時代中期の陶工。
京都粟田(あわた)焼。名工として知られた。弟子に青木木米(もくべい),2代高橋道八らがいる。上田秋成にも陶法を指導したという。明和6年11月死去。姓は雲林院。屋号は茶碗屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宝山文蔵(11代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android