コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後桜町天皇 ごさくらまちてんのう

7件 の用語解説(後桜町天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後桜町天皇
ごさくらまちてんのう

[生]元文5(1740).8.3. 京都
[没]文化10(1813).閏11.2/3. 京都
第 117代の天皇 (在位 1762~70) 。女帝。名は智子 (としこ) ,幼称は以茶宮 (いさのみや) ,のち緋宮 (あけのみや) 。桜町天皇の第2皇女。母は尊称皇太后青綺門院藤原舎子 (いえこ) 。桃園天皇崩御後,皇嗣幼少のため宝暦 12 (62) 年践祚,翌年即位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごさくらまち‐てんのう〔‐テンワウ〕【後桜町天皇】

[1740~1813]第117代天皇。女帝。在位1762~1770。桜町天皇の第2皇女。名は智子(としこ)。和歌を好み、御製千数百首があり、他に日記41冊、「禁中年中の事」などを著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後桜町天皇 ごさくらまちてんのう

1740-1813 江戸時代中期,第117代天皇。在位1762-71*。
元文5年8月3日生まれ。桜町天皇の第2皇女。母は藤原舎子(いえこ)(青綺門院)。桃園天皇の異母姉。桃園天皇の死後,皇嗣英仁(ひでひと)親王(のちの後桃園天皇)が幼少だったため皇位をついだ。最後の女帝。在位中,幕府による尊王家弾圧の明和事件がおきた。譲位後は後桃園・光格の2天皇を訓育。和歌や漢学をこのんだ。文化10年閏(うるう)11月2日死去。74歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は以茶(いさの)宮,緋(あけの)宮。諱(いみな)は智子(としこ)。著作に「禁中年中の事」「後桜町院宸記(しんき)」など。
【格言など】やはらぐる春たつ今日に吹く風は民の草葉にまづおよぶらし(内裏和歌御会)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後桜町天皇

没年:文化10.閏11.2(1813.12.24)
生年:元文5.8.3(1740.9.23)
江戸中期の天皇。宝暦12(1762)~明和7(1770)年在位。桜町天皇の第2皇女。以茶宮,のちに緋宮。母は二条吉忠の娘舎子(青綺門院)。諱は智子。宝暦12(1762)年7月桃園天皇崩御に際し,儲君英仁親王が幼少のため代わって同月27日践祚,翌13年11月即位。最後の女帝となる。漢学,歌道を好み,仮名文による『禁中年中の事』『古今伝授の御記』,歌集『後桜町天皇御製』がある。宝暦6年から25年間の自筆日記『後桜町院宸記』が東山御文庫に伝存。明和7(1770)年11月譲位。陵墓は京都泉涌 寺内の月輪陵。<参考文献>辻達也編『日本の近世2』,和田英松『皇室御撰之研究』

(母利美和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごさくらまちてんのう【後桜町天皇】

1740‐1813(元文5‐文化10)
第117代に数えられる天皇。在位1762‐70年。桜町天皇の第2皇女。名は智子(としこ)。1762年(宝暦12)桃園天皇死去の際,後嗣英仁親王(後桃園天皇)が幼少なため代わって践祚,70年(明和7)同親王に譲位。最後の女帝である。後桃園,光格両天皇の年少時その輔導につとめ,また漢学を好み,和歌にもたんのうで千数百首が伝えられる。なお宝暦~安永年間の日記41冊が伝存する。陵墓は京都月輪陵。【武部 敏夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごさくらまちてんのう【後桜町天皇】

1740~1813) 第一一七代天皇(在位1762~1770)。名は智子としこ。桜町天皇の第二皇女。和歌をよくし、一千数百首の御製ぎよせいがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後桜町天皇
ごさくらまちてんのう
(1740―1813)

第117代天皇(在位1762~70)。日本最後の女帝。名は智子(としこ)。幼称は以茶宮(いさのみや)、のち緋宮(あけのみや)。桜町天皇の第2皇女。母は皇太后舎子(いえこ)(青綺門院(せいきもんいん))。元文(げんぶん)5年8月3日降誕。1762年(宝暦12)桃園(ももぞの)天皇没後、皇嗣(こうし)幼少のため7月27日践祚(せんそ)、翌年11月27日即位。70年(明和7)11月後桃園(ごももぞの)天皇に譲位。文化10年閏(うるう)11月2日崩御。京都・泉涌寺(せんにゅうじ)月輪(つきのわ)陵に葬る。日記41冊、『禁中年中の事』の著書がある。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後桜町天皇の言及

【女帝】より

…これらの天皇の出現は,天皇家の内部事情や藤原氏あるいは僧道鏡の政治的野心によると考えられる。9世紀以後はながく女帝の即位はなかったが,江戸時代に明正天皇(在位1629‐43),後桜町天皇(在位1762‐70)の2人の女帝が現れた。明正は父の後水尾天皇が突然退位したため,後桜町は兄の桃園天皇が急逝したためである。…

※「後桜町天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後桜町天皇の関連キーワード慧岩神崎寛済桐野谷権十郎(3代)皐月平砂(3代)収月(初代)仙国彦助(初代)道与服部愿卿山下池亭里風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後桜町天皇の関連情報