コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実法 ジッポウ

デジタル大辞泉の解説

じっ‐ぽう【実法】

(‐ポフ) 仏語。永遠不変の実体としての存在。⇔仮法(けほう)
(‐パフ)
㋐まじめなこと。篤実。律義。
「―の者には物仰せにくければとて」〈盛衰記・一六〉
㋑実際のようす。実体。
「解体新書をつねに講じて、その―を人に示せしと」〈蘭学事始

じ‐ほう〔‐ハフ〕【実法】

[名・形動]《「じっほう」の促音の無表記》まじめなこと。きちんとしていること。また、そのさま。律儀。じっぽう。
「―に小さき丸髷をぞ結いける」〈一葉・うつせみ〉
「―なる人のゆるぎ所あるまじきをとて」〈・真木柱〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっぽう【実法】

〔歴史的仮名遣い「じっぽふ」〕 〘仏〙 本質的な実体をもつ永遠不変な存在。仏教では、これは迷った考えに基づくとされる。 ⇔ 仮法けほう
〔歴史的仮名遣い「じっぱふ」〕
まじめなこと。律義。 「 -の者にはもの仰せにくければとて/盛衰記 16
実際の方法。実際の様子。 「解体新書を毎つねに講じて、其の-を人に示せしと/蘭学事始」

じほう【実法】

( 名 ・形動ナリ )
〔「じつはふ」の促音「つ」の無表記〕
まじめなこと。りちぎ。 「かかる古言の中に、まろがやうに-なるしれ者の物語はありや/源氏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実法の関連キーワード王安石の新法論理学研究佐藤忠信対御方実体促音無心古言三心仮法

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android