コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実法 ジッポウ

4件 の用語解説(実法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じっ‐ぽう【実法】

(‐ポフ) 仏語。永遠不変の実体としての存在。⇔仮法(けほう)
(‐パフ)
㋐まじめなこと。篤実。律義。
「―の者には物仰せにくければとて」〈盛衰記・一六〉
㋑実際のようす。実体。
「解体新書をつねに講じて、その―を人に示せしと」〈蘭学事始

じ‐ほう〔‐ハフ〕【実法】

[名・形動]《「じっほう」の促音の無表記》まじめなこと。きちんとしていること。また、そのさま。律儀。じっぽう。
「―に小さき丸髷をぞ結いける」〈一葉・うつせみ〉
「―なる人のゆるぎ所あるまじきをとて」〈・真木柱〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じっぽう【実法】

〔歴史的仮名遣い「じっぽふ」〕 〘仏〙 本質的な実体をもつ永遠不変な存在。仏教では、これは迷った考えに基づくとされる。 ↔ 仮法けほう
〔歴史的仮名遣い「じっぱふ」〕
まじめなこと。律義。 「 -の者にはもの仰せにくければとて/盛衰記 16
実際の方法。実際の様子。 「解体新書を毎つねに講じて、其の-を人に示せしと/蘭学事始」

じほう【実法】

( 名 ・形動ナリ )
〔「じつはふ」の促音「つ」の無表記〕
まじめなこと。りちぎ。 「かかる古言の中に、まろがやうに-なるしれ者の物語はありや/源氏

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実法の関連キーワード我執権実実相テオーリア法身一法実智常住人我面角不変の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実法の関連情報