コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮原清 ミヤハラキヨシ

デジタル大辞泉の解説

みやはら‐きよし【宮原清】

[1882~1963]実業家。長野の生まれ。慶大野球部の主将を経て、関西の実業界で活躍するかたわら全国選抜中等学校野球大会の選考委員長を務めた。昭和24年(1949)日本社会人野球協会(日本野球連盟前身)の結成とともに初代会長に就任。アジア野球連盟会長を務めるなど、野球の国際的な発展に寄与した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮原清 みやはら-きよし

1882-1963 昭和時代の経営者,野球人。
明治15年12月4日生まれ。第1回早慶戦の慶大主将で4番打者。大阪の藤田組にはいり,のち神島化学工業を設立し社長。実業界で活躍するかたわら,全国中等学校選抜野球大会の選考委員長をつとめる。日本社会人野球協会の設立につくし,昭和24年初代会長。昭和38年10月16日死去。80歳。39年野球殿堂入り。長野県出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮原清の関連キーワード主水正正清昭和時代正清宮原

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android