コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮地伝三郎 みやじ でんざぶろう

2件 の用語解説(宮地伝三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮地伝三郎 みやじ-でんざぶろう

1901-1988 昭和時代の動物生態学者。
明治34年1月26日生まれ。昭和17年京都帝大教授。湖沼・海洋の底生動物淡水魚,またニホンザルの生態研究をおこない,共同研究を指導した。日本生態学会長。京大霊長類研究所,日本モンキーセンターを創設。昭和63年10月21日死去。87歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「アユの話」「サルの話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮地伝三郎
みやじでんざぶろう
(1901―1988)

動物生態学者。広島県に生まれる。1925年(大正14)東京帝国大学理学部卒業。京都帝国大学理学部臨湖実験所、同瀬戸臨海実験所、同動物学教室に在職し、1964年(昭和39)停年退職。初期には日本および近隣地域の湖沼・海洋の底生動物の群集生態・生物地理学的研究に従事し、この分野に一紀元を画した。また、第二次世界大戦後は海洋の藻場群集、アユを中心とする河川生物の研究、ニホンザルの研究などを組織指導し、大学を超えた共同研究を進めて生態学を各方面で大きく発展させ、日本の動物相は実は貧弱であるとする説を出して群集地理学の基礎を築き、自然哲学の必要性と応用への関心を説いて多くの後進を指導した。さらに京都大学自然人類学講座、同霊長類研究所、財団法人日本モンキーセンターなどをつくって霊長類学・人類学の発展に尽くした功績も大きい。200編以上の専門論文・著書のほか、「アユの話」「サルの話」などを含む『宮地伝三郎動物記』『生物学の視座から』『俳風動物記』など、一般向きの著作もある。[川那部浩哉]
『『宮地伝三郎動物記』全5巻(1972~1973・筑摩書房) ▽『生物学の視座から』(1980・人文書院) ▽『俳風動物記』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宮地伝三郎の言及

【湖沼学】より

…日本では1899年に田中阿歌麿(1869‐1944)によって初めて湖沼学が開拓され,諏訪湖の研究などが行われた。ほかに田中館秀三(1884‐1951),宮地伝三郎(1901‐88),吉村信吉(1906‐47)らの調査研究により,湖沼学は非常に進歩した。 現在の湖沼の研究は細分化され,専門化されている。…

※「宮地伝三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮地伝三郎の関連キーワードエルトン三好学川村多実二植物生態学宮脇昭森下正明門司正三吉井義次《動物生態学》《動物生態学の原理》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮地伝三郎の関連情報