コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮薗千寿(初代) みやぞの せんじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮薗千寿(初代) みやぞの-せんじゅ

1806-1868 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文化3年生まれ。江戸日本橋の茶屋「宇治の里」の主人清三郎の妻。初代宮薗千之(せんし)の門人で,師の没後家元をあずかった。文久元年(1861)宮薗節の古典10段を「千草種(ちぐさのたね)」として刊行。慶応4年4月死去。63歳。本名はしま。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮薗千寿(初代)

没年:明治1.4(1868)
生年:文化3(1806)
江戸後期の宮薗節の太夫。初代宮薗千之の弟子。日本橋の茶漬茶屋宇治の里清三郎の妻で名はしま。文久1(1861)年に,古曲10段を収めた『宮薗千草種』を刊行。現在千寿の名は,宮薗節千寿派の家元名となっている。

(根岸正海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宮薗千寿(初代)の関連キーワード宮薗 千之(2代目)宮薗 千寿(2代目)宮薗 千寿(4代目)[各個指定]芸能部門宮薗千之(2代)宮薗千寿(4世)宮薗千之(初代)宮薗千寿(3世)宮薗千寿(2世)10月25日桃山 晴衣宮薗 千波宮薗千波永井ひろ浄瑠璃

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android