宮薗千寿(初代)(読み)みやぞの せんじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮薗千寿(初代) みやぞの-せんじゅ

1806-1868 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文化3年生まれ。江戸日本橋の茶屋「宇治の里」の主人清三郎の妻。初代宮薗千之(せんし)の門人で,師の没後家元をあずかった。文久元年(1861)宮薗節の古典10段を「千草種(ちぐさのたね)」として刊行。慶応4年4月死去。63歳。本名はしま。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮薗千寿(初代)

没年:明治1.4(1868)
生年:文化3(1806)
江戸後期の宮薗節の太夫。初代宮薗千之の弟子。日本橋の茶漬茶屋宇治の里清三郎の妻で名はしま。文久1(1861)年に,古曲10段を収めた『宮薗千草種』を刊行。現在千寿の名は,宮薗節千寿派の家元名となっている。

(根岸正海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android