コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家なき子 いえなきこ Sans Famille

7件 の用語解説(家なき子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家なき子
いえなきこ
Sans Famille

フランスの作家エクトール・マロの小説。 1878年刊。孤児レミが大道芸人の老人ビタリスに売られ,苦難の末母親に再会するまでを語る。児童文学の傑作として今日なお世界中で親しまれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いえなきこ〔いへなきこ〕【家なき子】

《原題、〈フランスSans familleマロの児童文学作品。1878年刊。孤児の少年レミが、旅芸人の老人に引き取られ、さまざまな旅と人との出会いを通じて成長していく過程を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

家なき子【いえなきこ】

H.マロの少年小説。1878年刊。捨子の少年レミが旅芸人となってさまざまな地方を巡り,困難にあいながら生みの母をさがす物語。原題は《Sans famille(家族がなくて)》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

家なき子

日本のテレビアニメ。放映は日本テレビ系列(1977年10月~1978年10月)。原作:エクトール・アンリ・マロによる小説、制作:東京ムービー新社(現:トムス・エンタテインメント)。

家なき子

日本のテレビドラマ。放映は日本テレビ系列(1994年4月~7月)。全12回。脚本:高月真哉ほか。音楽:千住明。主題歌中島みゆき。出演:安達祐実小柳ルミ子保阪尚希ほか。過酷な環境で生きぬく貧しい少女の姿を描く。劇中のセリフ「同情するなら金をくれ」が同年の流行語大賞を受賞。同年劇場版が公開されたほか、1995年には続編も放映された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いえなきこ【家なき子】

エクトル=マロの児童向け小説。1878年刊。孤児レミが実母にめぐりあうまでの放浪と冒険を描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家なき子
いえなきこ
Sans famille

フランスの作家エクトル・マロの児童文学作品。1878年刊。イギリスの名門に生まれながら盗まれて捨てられた少年レミは、ビタリスという旅芸人とともにフランス各地を旅して歩く。ビタリス老人の死後、花つくりの一家に助けられて暮らすが、その家の没落のためふたたび旅に出、炭坑町の事故で九死に一生を得る。やがて実の親は、レミが旅の途中しばらくいっしょに暮らした遊覧船「白鳥号」のミリガン夫人とわかり、幸福な日々を送ることになる。フランスの地理・風俗を紹介する意図を含んで書かれたもので、旅を通じての少年の成長の過程のなかに当時のフランスが描かれている。日本では1901年(明治34)『まだ見ぬ親』(五来素川(ごらいそせん)訳)の題名で初めて訳されて以来、衰えぬ人気を保っている。[神宮輝夫]
『鈴木三重吉訳『家なき子』上下(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家なき子の関連キーワード女医アイシテル 絆あいのうたガラスの靴ギンザの恋ザ・シェフ探偵家族ピースボート -Piece Vote-まったナシ!ドテラマン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家なき子の関連情報