コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川の戦 ふじがわのたたかい

百科事典マイペディアの解説

富士川の戦【ふじがわのたたかい】

1180年10月,平維盛(これもり)を大将とする平氏軍が駿河(するが)国富士川をはさんで源頼朝の軍と対陣した戦い。一斉に飛び立った水鳥の羽音を敵の襲来と錯覚した平氏軍は戦わずして敗走したと伝えられる。
→関連項目伊東祐親黄瀬川宿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじがわのたたかい【富士川の戦】

駿河国富士川の河口近くで行われた源平の合戦。平維盛を総大将とする平氏の遠征軍は,1180年(治承4)10月18日富士川西岸に布陣した。しかし駿河,遠江の現地平氏方勢力は直前の14日,駿河目代橘遠茂(たちばなのとおもち)に率いられ,富士山西麓の鉢田(はちだ)で武田信義安田義定以下甲斐源氏の軍勢と会戦,壊滅していた。もともと兵力,軍粮に不安のあった中央平氏軍の戦意は萎縮するばかりであった。他方源頼朝も,20日には富士川近くの賀島(富士市)まで兵を西進させたが,同日夜半,武田信義軍が平氏軍の背後に進出しようとしたところ,富士沼(浮島ヶ原)に群棲する水鳥がいっせいに舞い上った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

富士川の戦の関連キーワード藤原忠清(1)加賀美遠光治承の内乱上総広常飯田家義千葉常胤鎌倉時代藤原景清藤原忠清佐竹隆義斎藤実盛北条時政平広常平知度平忠度

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android