コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄瀬川宿 きせがわのしゅく

百科事典マイペディアの解説

黄瀬川宿【きせがわのしゅく】

駿河国にあった古代末期から中世の宿駅。木瀬川・木世川とも書いた。黄瀬川狩野(かの)川の合流点西部に位置し,現在の静岡県沼津市大岡に木瀬川の通称地名が残る。《吾妻鏡》治承4年(1180年)10月18日条によると,源頼朝軍勢が当地に宿営している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きせがわのしゅく【黄瀬川宿】

静岡県沼津市内にあった中世の宿駅。古代以来の東海道が伊豆国府(三島)に入る直前の西側にあり,《吾妻鏡》にしばしば記事がある。1180年(治承4)10月,富士川の戦の前後に源頼朝以下の将兵はここに宿営したが,とくに戦いのあと,敗走の平氏軍を追って上洛しようとする源頼朝に対し関東の武将が東国経略を先にすべきことを諫言したこと,奥州より来着した源義経と初めて対面したことで有名。【福田 以久生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄瀬川宿の関連キーワード静岡県沼津市大岡黄瀬川・木瀬川沼津[市]武田信玄狩野川狩野

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄瀬川宿の関連情報