コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富松正安 とまつ まさやす

3件 の用語解説(富松正安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富松正安 とまつ-まさやす

1849-1886 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)2年9月13日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。小学校教員をやめて国会開設運動にかかわる。明治14年自由党に入党,下館(しもだて)の有為館(ゆういかん)館長として人材養成にあたる。17年政府転覆をはかり蜂起したが(加波山(かばさん)事件)捕らえられ,明治19年10月5日処刑された。38歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富松正安

没年:明治19.10.5(1886)
生年:嘉永2.9.13(1849.10.28)
明治期の自由民権運動家。常陸国(茨城県)下館城下生まれ。明治14(1881)年自由党結成に参加,まもなく政府転覆をめざす急進派の立場に傾斜,17年9月加波山事件で指導的役割を果たした。19年8月大審院で死刑が確定,10月千葉県寒川監獄で処刑された。<参考文献>寺崎修「自由民権運動史上における富松正安」(『法学政治学論究』3号)

(寺崎修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とまつまさやす【富松正安】

1849‐86(嘉永2‐明治19)
自由民権家。茨城県下館の士族。廃藩置県後小学校教員となり,1880年教職を辞して国会開設請願運動に参加。81年10月自由党の創立にあたって入党し,やがて急進派の一員となった。関東・東北の志士による挙兵を構想。84年8月下館に壮士養成所有為館を開設して館長となり,同年9月加波山事件の首領に推されて蜂起に参加。事件後一時潜伏したが,10月千葉県で逮捕され,死刑に処された。【大日方 純夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の富松正安の言及

【加波山事件】より

…9月に入ると,栃木県庁開庁式を襲撃する準備をすすめたが,河野,門奈茂次郎ら4名が軍資金調達のため東京神田小川町の質屋に押し入って失敗し,また鯉沼も爆弾製造中の暴発事故によって重傷を負った。このため同志は警察の追及をのがれつつ茨城県下館の壮士養成所有為館に富松正安をたよった。その間に県庁開庁式は延期され,官憲の追及が迫った。…

※「富松正安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富松正安の関連キーワード自由民自由民権論愛沢寧堅稲垣示井上幹岩田道之助太田松次郎加藤織平田母野秀顕野手一郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone