寝首を掻く(読み)ネクビヲカク

デジタル大辞泉の解説

寝首(ねくび)を掻(か)・く

眠っているところを襲って、首を切り取る。「敵将の―・く」
人の油断に乗じて、卑劣なはかりごとで陥れる。「同業者に―・かれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ねくび【寝首】 を 掻(か)

眠っている人を襲って、その首を切り取る。また、卑怯な計略を用いて、相手をおとしいれる。
※雑兵物語(1683頃)上「金銀拵の刀・脇指は味方に寝首をかかるると云」
※浮世草子・日本新永代蔵(1713)二「親のねくびまでかかんとせし悪人なれ共」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる