謀る(読み)タバカル

デジタル大辞泉の解説

た‐ばか・る【謀る】

[動ラ五(四)]
計略をめぐらしてだます。たぶらかす。「敵を―・る」
計画・方法などを思いめぐらす。工夫する。
「子安貝とらむと思しめさば―・り申さむ」〈竹取
相談する。
「いかがすべきと―・り給ひけり」〈大和・一七一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たばかる【謀る】

( 動五[四] )
〔「た」は接頭語〕
(あれこれ工夫して)だます。 「爾なんじに-・られて…太いたく打擲ちようちやくされし上に/こがね丸 小波
方策を考える。工夫する。うまく対処する。 「入りて侍従にあひてさるべき様に-・れ/源氏 浮舟
相談する。 「かかることなむあるをいかがすべきと-・りたまひけり/大和 171

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謀るの関連情報