裏の裏を行く(読み)ウラノウラヲユク

デジタル大辞泉の解説

裏(うら)の裏を行・く

相手のたくらみを見抜いて、相手を出し抜いた行動をする。「敵の―・く計略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらのうらをゆく【裏の裏を行く】

相手がこちらの裏をかこうとする、さらにその裏をこちらがかく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うら【裏】 の 裏(うら)を行(い・ゆ)

相手の計略の反対に出て、だしぬく。うらをかく。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「うまうま此場を帰りしも、の裏行く(さじ)加減(かげん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android