コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陥れる/落(と)し入れる オトシイレル

デジタル大辞泉の解説

おとし‐い・れる【陥れる/落(と)し入れる】

[動ラ下一][文]おとしい・る[ラ下二]
だまして苦しい立場に追いやる。わなにかける。「罪に―・れる」
城などを攻めて取る。「砦(とりで)を―・れる」
(落とし入れる)落として、中へはいらせる。「公衆電話に硬貨を―・れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

陥れる/落(と)し入れるの関連キーワードクラリッサあるいは若き淑女の物語原因において自由な行為ウェストミンスター法律屈原(郭沫若の戯曲)攻め抜く・攻抜くキング・コングケインズ経済学プロメテウスサッケッティ売春禁止条約サイバーテロ手盛りを食う悪性インフレ寝首を掻く伊治呰麻呂虎口の讒言通貨偽造罪寝首を搔く浸潤の譖り成良親王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android