コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担ぐ カタグ

デジタル大辞泉の解説

かた・ぐ【担ぐ】

[動ガ下二]かた(担)げる」の文語形

かつ・ぐ【担ぐ】

[動ガ五(四)]
物を持ち上げて肩にのせ支える。になう。「荷物を―・ぐ」「鉄砲を―・ぐ」
自分たちの組織や集団の代表者の地位に据えて押し立てる。祭り上げる。「最年長者を会長に―・ぐ」
からかって人をだます。一杯食わせる。「友人にうまく―・がれた」
縁起を気にする。迷信にとらわれる。「―・ぐ性分」「験(げん)を―・ぐ」
[可能]かつげる
[下接句]後棒(あとぼう)を担ぐ縁起を担ぐお先棒を担ぐ片棒を担ぐ御幣を担ぐ半肩担ぐ御輿(みこし)を担ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつぐ【担ぐ】

( 動五[四] )
物を肩の上にのせて支える。 「米俵を-・ぐ」
自分たちの上に立つ人として押し立てる。 「会長に-・ぐ」
迷信・縁起などにとらわれる。 「縁起を-・ぐ」 「御幣を-・ぐ」
からかってだます。 「うまく-・がれた」
婦女を誘拐する。 「 - ・がれる宵にしげしげうらへ出る/柳多留 7
[可能] かつげる
[慣用] 後棒を- ・ お先棒を- ・ 片棒を- ・ 御輿みこしを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

担ぐの関連キーワード駕籠舁き・駕篭舁き長棒駕籠・長棒駕篭わっしょい半肩を担ぐ験を担ぐ蜻蛉持ち三枚肩八人肩蜻蛉持肩代り担板漢験担ぎ駕籠役駕輿丁三人輿四枚肩榊舁き樽御輿輿舁き御膳籠

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

担ぐの関連情報