コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担ぐ カタグ

3件 の用語解説(担ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた・ぐ【担ぐ】

[動ガ下二]かた(担)げる」の文語形。

かつ・ぐ【担ぐ】

[動ガ五(四)]
物を持ち上げて肩にのせ支える。になう。「荷物を―・ぐ」「鉄砲を―・ぐ」
自分たちの組織や集団の代表者の地位に据えて押し立てる。祭り上げる。「最年長者を会長に―・ぐ」
からかって人をだます。一杯食わせる。「友人にうまく―・がれた」
縁起を気にする。迷信にとらわれる。「―・ぐ性分」「験(げん)を―・ぐ」
[可能]かつげる
[下接句]後棒(あとぼう)を担ぐ縁起を担ぐお先棒を担ぐ片棒を担ぐ御幣を担ぐ半肩担ぐ御輿(みこし)を担ぐ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつぐ【担ぐ】

( 動五[四] )
物を肩の上にのせて支える。 「米俵を-・ぐ」
自分たちの上に立つ人として押し立てる。 「会長に-・ぐ」
迷信・縁起などにとらわれる。 「縁起を-・ぐ」 「御幣を-・ぐ」
からかってだます。 「うまく-・がれた」
婦女を誘拐する。 「 - ・がれる宵にしげしげうらへ出る/柳多留 7
[可能] かつげる
[慣用] 後棒を- ・お先棒を- ・片棒を- ・御輿みこしを-

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

担ぐの関連情報