コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欺く アザムク

2件 の用語解説(欺くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あざむ・く【欺く】

[動カ五(四)]
言葉巧みにうそを言って、相手に本当だと思わせる。言いくるめる。だます。「敵を―・く」「まんまと―・く」
騙(だま)す[用法]
(「…をあざむく」の形で)…と負けずに張り合うほどである。…と紛れる。「昼をも―・く月光」「雪を―・く肌」
軽く扱う。ばかにする。
「この虚言の本意をはじめより心得て、少しも―・かず」〈徒然・一九四〉
そしる。あれこれ非難する。
「もし教へすすむる人あれば、かへってこれを―・く」〈発心集
詩歌を吟ずる。興をそそられる。
「月にあざけり、風に―・く事たえず」〈後拾遺・序〉
[可能]あざむける

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あざむく【欺く】

( 動五[四] )
〔「浅向く」の転か〕
相手を信頼させておいてだます。 「人を-・く」 「人目を-・く」
(「…をあざむく」の形で)…とまちがえさせる。 「花を-・く美人」 「昼を-・くばかりの明るさ」
あたりかまわず口にする。 「月にあざけり、風に-・くことたえず/後拾遺
相手を恐れず、接する。 「大敵を見ては-・き、小敵を見ては侮らざる/太平記 16
ないがしろにする。いいかげんに扱う。 「是を見ん人拙き語を-・かずして法義を悟り/沙石
[可能] あざむける
[慣用] 昼を- ・雪を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欺くの関連キーワード言い竦める桂庵口放く言葉に花を咲かす言葉を飾る寸延び丸め込む言抜ける嘘を言え言好がる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欺くの関連情報