注ぎ込む(読み)ソソギコム

デジタル大辞泉の解説

そそぎ‐こ・む【注ぎ込む】

[動マ五(四)]
流し入れる。「石膏を型に―・む」
あることに熱中し、心を傾ける。「新製品の開発に全力を―・む」

つぎ‐こ・む【注ぎ込む】

[動マ五(四)]
液体を器の中へつぎ入れる。そそぎこむ。「タンクに水を―・む」
ある物事や人などに多くの金や物を出す。「兵力を―・む」
精力・精神をそのことにもっぱらかたむける。「今の仕事に全精力を―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そそぎこむ【注ぎ込む】

( 動五[四] )
流し入れる。 「水を穴に-・む」
ある目標に熱中する。それだけに心を傾ける。 「情熱を-・む」
[可能] そそぎこめる

つぎこむ【注ぎ込む】

( 動五[四] )
液体を器の中にそそぎ入れる。 「とっくりに酒を-・む」
あることのために、多くの物や金を使う。 「全財産を事業に-・む」
[可能] つぎこめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注ぎ込むの関連情報