コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導電性樹脂 ドウデンセイジュシ

世界大百科事典 第2版の解説

どうでんせいじゅし【導電性樹脂 electroconductive resin】

電気伝導性を有する合成樹脂をいう。導電性樹脂はその体積固有抵抗でわけると,表のようになり,基本的には次の二つに大別することができる。(1)本来絶縁性の合成樹脂に,実用上の問題から,静電気除去作用,摩擦による帯電の防止を目的として,ある程度の導電性をもたせたもの。カーペットの帯電防止,ほこりを嫌う集積回路製造工場などでの静電気除去,紡績用や印刷用ロールの帯電防止,発火性危険物取扱用の衣服などに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android