学生服(読み)ガクセイフク

世界大百科事典 第2版の解説

がくせいふく【学生服】

主として中学校以上の学校の生徒・学生が通学の際に着用する洋服。多くは制服標準服または正服とされる。日本の場合,男子の学生服は,1886年高等師範学校,帝国大学などで採用したのを最初として,87‐88年中に各地の師範学校,中学校などで制服として採用され,日清・日露戦争期ころには私立学校でも広く用いられるようになった。採用の直接の契機は,生徒の集団性の育成をめざして導入された兵式体操(軍事教練)実施上の服装としてであり,したがってその型式は,黒色の布地による詰襟金ボタン上衣と同布地のズボンという当時の陸軍下士官の戦闘服をモデルとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がくせいふく【学生服】

学生・生徒・児童の通学服。特に、男子学生生徒の黒地・詰め襟・長ズボンの洋服。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学生服
がくせいふく

広義には学生が着る服という意味。日本では一般的に、男子学生が着る制服をさすことが多い。詰め襟型前あきで一列ボタンのつく黒の上着と、長ズボンを代表に、紺サージの背広型上着と長ズボンなどをさす。また女子用には、紺サージのセーラー型上着とプリーツスカートや、紺サージの背広型上着とプリーツ、セミタイト、フレアなどのスカートの組合せが標準型といえる。歴史的には、鉄道員、警官などの制服から分化したものである。冬は黒か紺の羅紗(らしゃ)、夏は小倉の霜降りが普通だったが、1885年(明治18)ごろ、帝国大学では詰め襟型前あきに金ボタンのついた学生服を定めている。女子では、東京女子師範学校で1880年代のなかばに洋服の制服が着用されている。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がくせい‐ふく【学生服】

〘名〙 中学生、高校生、大学生などの男子が着用する洋服。普通、黒地や霜降で詰襟(つめえり)のものをいう。
※風俗画報‐二九六号(1904)常陸丸殉難者の葬儀「正武氏は黒の学生服を着し独逸帽を頂き、霊柩に尾したる吉野少佐の後に、遺族総代として只一人従ひしは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学生服の関連情報