コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小児歯科学 しょうにしかがくpedodontics; pediatric dentistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小児歯科学
しょうにしかがく
pedodontics; pediatric dentistry

小児を対象とする歯科学。小児の身体は単に大人を小型にしたものではないといわれるが,歯および口腔についても同様である。たとえば,乳歯は短期間で永久歯と交代するのではなく,7~11歳頃までの大切な発育期に使用される歯であるのに,構造上,永久歯よりう蝕(虫歯)になりやすく,乳歯の異常,疾患は永久歯や顎の発育に強い影響を及ぼす。このような背景に立って,小児の歯および口腔の特異性について研究し,疾患の治療,口腔衛生指導などを行い,口腔の諸組織を正常に発育させることを目的とする専門分野である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小児歯科学
しょうにしかがく

歯学の一分野。小児の口腔(こうくう)の疾患、異常のほか、外傷の診断、治療ならびに予防を行って、その口腔領域の正常な発育を図り、さらに乳歯および幼若永久歯を含む口腔の健康管理により、小児の正常な全身的発達を図ることを目的とする。小児歯科学は、成人とは肉体的にも精神的にも大きな差異のある小児を対象とする広範囲にわたる学問であるため、予防歯科学、歯科保存学、歯科補綴(ほてつ)学、歯科矯正学といった従来の歯学のあらゆる分野と関連をもっている。いうまでもなく、小児は成長・発育という動的推移のなかにあり、いちおう発育が完了したとされる成人とは多くの点で異なる。このため、小児歯科学では、歯、あご、および口腔の形態、機能、外観の回復にとどまらず、それらの成長・発育を正しく誘導する必要があり、1本の乳歯の処置にあたっても、年齢に応じた発育上の動きをつねに念頭に置き、その治療方針を決定しなければならない。また小児歯科学では、治療の方法が成人と同じであっても、小児の取扱い方を十分に心得ておくことがたいせつであり、小児の発達心理学的な知識が要求される。小児歯科学で取り扱う年齢範囲は、歯の発育が始まる出生前の胎生期から、第二大臼歯(だいきゅうし)の萌出(ほうしゅつ)が完了し、永久歯列がいちおう安定する13、14歳までとされている。[矢正之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小児歯科学の関連キーワード永久歯先天欠如西野瑞穂

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小児歯科学の関連情報