コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小大君 コオオギミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小大君 こおおぎみ

?-? 平安時代中期の歌人。
三十六歌仙のひとり。三条天皇の東宮時代(986-1011)に女蔵人(にょくろうど)としてつかえる。藤原朝光(あさみつ),馬内侍(うまのないし)らの歌人としたしく,朝光とは恋愛関係にあった。歌は「拾遺和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集におさめられている。通称は東宮左近,三条院女蔵人左近。「こおおいぎみ」「こだいのきみ」ともよむ。家集に「小大君集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こおおぎみ【小大君】

こだいのきみ【小大君】

平安中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。東宮時代の三条院に女蔵人によくろうどとして仕え、左近と呼ばれた。家集「小大君集」。生没年未詳。こおおぎみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小大君
こおおぎみ

生没年不詳。平安中期の女流歌人。「こおおいぎみ」「こだいのきみ」とも読む。三十六歌仙の一人。重明(しげあきら)親王の娘ともいうが(陽明文庫本『後拾遺和歌集』勘物(かんもつ))、出自もさだかではない。三条院女蔵人左近(さんじょういんにょくろうどさこん)ともよばれ、986年(寛和2)三条院立坊(りつぼう)後に女蔵人となったと思われる(三十六人歌仙伝)。活動期は一条(いちじょう)朝(986~1011)で、平兼盛(かねもり)、藤原高光(たかみつ)、藤原朝光(あさみつ)、藤原道信(みちのぶ)、藤原実方(さねかた)、藤原為頼(ためより)、藤原公任(きんとう)などの著名歌人と交友した。三十六人集の一つ『小大君集』があり、『拾遺和歌集』以下の勅撰(ちょくせん)集に20首ばかり入集し、『前十五番歌合(うたあわせ)』や『三十六人撰』に撰収され、『後拾遺和歌集』の巻頭歌人に抜擢(ばってき)されるなど、評価は高かった。
 岩橋の夜の契りも絶えぬべし明くるわびしき葛城(かづらき)の神[小町谷照彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小大君の関連キーワードささめく袖の浦

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android