コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小杉勇 こすぎ いさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小杉勇 こすぎ-いさむ

1904-1983 大正-昭和時代の映画俳優,監督。
明治37年2月24日生まれ。大正14年日活にはいり,内田吐夢(とむ)監督の「生ける人形」「」,田坂具隆(ともたか)監督の「五人の斥候兵」などに主演。個性的な演技派として人気をえる。戦後は監督としても活動し,娯楽映画をつくった。昭和58年4月8日死去。79歳。宮城県出身。石巻商業卒。本名は助治郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小杉勇の言及

【内田吐夢】より

…1927年に日活で喜劇《競走三日間》を撮り,監督として本格的にデビュー。戦前の代表作は《生ける人形》(1929)から《人生劇場》(1936),《裸の町》《限りなき前進》(ともに1937)を経て《》(1939),《鳥居強右衛門》(1942)に至る作品群で,これらはすべて主演の小杉勇(のちに監督となる)との注目すべき共同作業の結果である。45‐54年の10年間にわたるなぞめいた大陸生活を送り,その間に満映(満州映画協会)理事長を務めた甘粕正彦の自決にも立ち会う。…

【土】より

…シナリオは八木隆一郎,北村勉。配役は勘次が当時内田吐夢作品の常連であった小杉勇,おつぎが新人の風見章子,卯平が日活の名優山本嘉一。茨城県の農村に撮影用の農家を建て,そこにスタッフが住み込み,約1年間かけて撮影されただけあって,碧川(みどりかわ)道夫のカメラによる画面は,農村の四季をなまなましく克明にうつし出し,リアリズム映画の一頂点と目されるに至っている。…

※「小杉勇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小杉勇の関連キーワード大地に立つ 前後篇白銀の王座 前後篇真実一路 母の巻人の一生 第一篇真実一路 父の巻のみすけ禁酒運動阿里山の侠児たそがれ酒場歴史 第一部歴史 第二部歴史 第三部鳥居強右衛門意気天を衝く限りなき前進河の上の太陽都会交響楽競争三日間徳川 夢声日活(株)東京行進曲

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android