石巻市(読み)いしのまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石巻〔市〕
いしのまき

宮城県東部,北上川下流域と牡鹿半島からなる市。1933年市制。2005年河北町,雄勝町,河南町,桃生町,北上町,牡鹿町の 6町と合体。南に仙台湾の支湾石巻湾,北に雄勝湾,追波湾を抱え,金華山網地島,八景島などの島嶼も含む。中心市街地の石巻は鎌倉時代に葛西氏が日和山(ひよりやま)を居城としてから,城下町として発達。伊達政宗の時代の北上川の河道改修以来,石巻は藩内随一の港町となった。米の積出港として繁栄したが,明治時代になってからは衰退し,代わりに漁港および工業都市として発展した。1967年旧北上川河口西方 3kmの釜入江に工業港が新設され,木材,製紙,食品,機械金属などの工場が操業している。また 1973年東方の長浜地区に新漁港が完成,背後には水産加工の工業団地ができ,臨海工業地域が形成されている。万石浦西岸をはじめ,沿岸部ではノリやカキ,ホタテガイの養殖が盛ん。ワカメ,アワビ,ウニの採取も行なわれる。旧北上川流域の低平な沖積地では米作を中心に野菜栽培,養豚,養鶏などが行なわれ,丘陵地では乳牛,肉牛などが飼育されている。南東部の牡鹿半島地域は南三陸金華山国定公園に,万石浦一帯は硯上山万石浦県立自然公園に指定されている。日和山公園はサクラ,ツツジの名所で,牡鹿半島や松島を望むことができる。牡鹿半島西岸の月ノ浦は,慶長18(1613)年伊達正宗の遣欧使節として支倉常長がローマへ向かって出帆したところ。交通の要所で,JR石巻線が通り,市街地で仙台市と結ぶ仙石線が分岐。国道45号線,108号線(石巻別街道),398号線などが通る。2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により大きな被害を受けた。面積 554.58km2。人口 14万7214(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石巻市の関連情報