小柳・古柳(読み)こやなぎ

精選版 日本国語大辞典「小柳・古柳」の解説

こ‐やなぎ【小柳・古柳】

〘名〙
① 平安末期に行なわれた雑芸の一つ。朗詠に近い節付けで、歌詞は催馬楽(さいばら)、または風俗歌に類したもの。小柳節
梁塵秘抄(1179頃)一「古柳 卅四首 春 五首 そよや 小柳によな 下がりの花やな 咲き匂ゑけれ」
小柳繻子(しゅす)、また、それでつくった帯。
※雑俳・柳多留‐七二(1820)「たをやかな腰に小柳〆て居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android