コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小熊捍 おぐま まもる

2件 の用語解説(小熊捍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小熊捍 おぐま-まもる

1885-1971 大正-昭和時代の遺伝学者。
明治18年8月24日生まれ。昭和4年北海道帝大教授。北大低温科学研究所・触媒研究所を設立し所長。退官後国立遺伝学研究所の創設につくし,24年初代所長となる。カイコやヒトなどの染色体の研究で知られる。昭和46年9月10日死去。86歳。東京出身。東北帝大農科大学(現北大)卒。著作に「雀(すずめ)の食堂」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小熊捍
おぐままもる
(1885―1971)

遺伝学者。東京に生まれ、1911年(明治44)東北帝国大学農学部農学科卒業(札幌)。北海道帝国大学農学部助手、助教授を経て1929年(昭和4)に教授に昇進、翌年同大学理学部に移って動物学第二講座を担当。その間、1922年(大正11)より2年間イギリスドイツベルギーに留学し、ベルギーではリエージュ大学のウィニワーターHans de Winiwarter(1875―1949)のもとでヒトの染色体の研究をし、帰国後もヒトのほかネズミ、爬虫(はちゅう)類、昆虫類などの染色体研究に貢献、日本における動物細胞遺伝学の基礎を築いた。北海道大学では、理学部部長、低温科学研究所所長、触媒研究所所長などを歴任。1949年(昭和24)に国立遺伝学研究所の初代所長となり、1955年に退官した。[吉田俊秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小熊捍の関連キーワード木村資生藤井健次郎常染色体遺伝大杉繁永井威三郎長尾正人松永英三浦伊八郎向井輝美保井コノ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone