コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新聞学 シンブンガク

4件 の用語解説(新聞学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんぶん‐がく【新聞学】

新聞および新聞を中心としたマスコミュニケーションを研究する社会科学の一部門。新聞のほか、広くマスメディアによる社会的伝達現象を対象とする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんぶんがく【新聞学】

狭義では社会的な情報伝達機構としての新聞に関する学問をいい,広義には社会的情報の大量・同時伝達事象としてのマス・コミュニケーションに関する科学と同義である。後者の場合は新聞のみならず放送,映画,雑誌,出版などマス・メディア(大衆媒体)総体を意味することになる。歴史的には狭義から広義へと変化してきたといえる。新聞の学問的研究は,近代新聞が普及発達し情報伝達機構として重要な役割を演じはじめた19世紀末葉に始まり,20世紀に入って急速な発展をとげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんぶんがく【新聞学】

新聞の取材・編集・印刷・販売・歴史、および新聞を中心としたジャーナリズムやマス-コミュニケーションなどを研究する学問。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新聞学
しんぶんがく
Zeitungswissenschaftドイツ語

狭義には、新聞という定期印刷刊行物による時事に関する報道・論評の社会的伝達現象を対象とする学問をさすが、広義には、新聞だけでなく、放送、雑誌、映画など広くマス・メディアによる情報の社会的伝達現象を対象とする学問(公示学Publizistikwissenschaft〔ドイツ語〕)と同義。今日では後者が一般的である。その意味で、広義ではマス・メディアによる社会的伝達現象一般を対象とするマス・コミュニケーション学に類似しているが、新聞学がどちらかといえば送り手側に寄っているのに対し、マス・コミュニケーション学は、受け手側に寄っている点に若干の相違が認められる。
 狭義の新聞学は、新聞の普及発達が一定段階に達し、新聞の社会的影響力が強大複雑化し始めた19世紀末~20世紀初期の欧米でおこった。主要な潮流には、(1)新聞と社会の関係の本質に関する文化科学的研究(ドイツ)、(2)新聞と世論・社会意識の関係に関する社会学的研究(フランス、アメリカ)、(3)あるべき新聞を実現するための実際的研究(アメリカ)、(4)新聞を共産党の扇動・宣伝の手段と規定する社会主義的研究(旧ソ連、中国)などがあり、なかでも(1)(3)(4)が中心となって展開されてきた。20世紀には、映画、ラジオ、テレビなどの新しいマス・メディアが登場し大きな影響を及ぼし始める。こうした新聞以外のメディアの発達を踏まえて、第二次世界大戦後、(2)の系譜を引きつつアメリカでマス・コミュニケーション学が新たにおこり、その影響を受けて、新聞学も狭義から広義に転換し、かつ社会科学としての新聞学が志向されるようになった。日本では、戦前の(1)の流れをくむ小野秀雄らと、(3)の系譜を踏む松本君平、杉村楚人冠(そじんかん)らの狭義新聞学から、戦後は広義新聞学に変化し、事実上マス・コミュニケーション学と同義に扱われている。[内川芳美]
『小野秀雄著『新聞原論』(1947・東京堂出版) ▽松本君平著『新聞学』(1899・博文館) ▽杉村楚人冠著『最近新聞紙学』復刻版(1970・中央大学出版部) ▽南博著『マス・コミュニケーション入門』(1978・光文社) ▽稲葉三千男・新井直之・桂敬一編『新聞学』(1995・日本評論社) ▽天野勝文・村上孝止編『現場からみた新聞学』(1996・学文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新聞学の関連情報