コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鶴誠 コヅルマコト

3件 の用語解説(小鶴誠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こづる‐まこと【小鶴誠】

[1922~2003]プロ野球選手。福岡の生まれ。八幡(やはた)製鉄から、昭和17年(1942)名古屋軍中日の前身)に入団。同24年大映スターズ首位打者を獲得、翌年には松竹ロビンスで51本塁打、161打点をあげ二冠王を獲得。米国メジャーリーグスター選手ジョー=ディマジオになぞらえて「和製ディマジオ」の異名をとった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小鶴誠 こづる-まこと

1922-2003 昭和時代のプロ野球選手。
大正11年12月17日生まれ。八幡製鉄をへて,昭和17年名古屋に入団。兵役をはさみ6年在籍。急映,大映,松竹,広島とうつる。24年大映で首位打者。25年松竹で51本塁打,161打点の二冠王となり,セリーグ優勝に貢献。華麗なゴルフスイング打法から「和製ディマジオ」とよばれた。実働15年,通算1717安打,2割8分,230本塁打。55年野球殿堂入り。平成15年6月2日死去。80歳。福岡県出身。飯塚商業卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小鶴誠
こづるまこと
(1922―2003)

プロ野球選手(外野手:右投右打)。12月17日、福岡県生まれ。飯塚商から八幡(やはた)製鉄(現、新日鉄住金)に進み、1942年(昭和17)名古屋軍(現、中日ドラゴンズ)に入団したが、1944年から兵役についた。1946年4月に復員し、すぐに中部日本(中日)で球界へ復帰した。1948年急映フライヤーズ(現、北海道日本ハムファイターズ)に移り、新田恭一(ゴルフ選手、野球指導者)と出会い、すくい上げるようにしてボールを飛ばすゴルフスイング理論を開発すると、翌1949年は大映スターズで首位打者に輝いた。そして、2リーグ分立で結成されたばかりの松竹ロビンスに移った1950年は、51本塁打、161打点で二冠王。前年に阪神タイガースの藤村富美男(ふみお)が樹立した本塁打記録を5本も上回ったばかりか、打点は2007年(平成19)時点でも破られていないシーズン最多記録である。しかも打率は藤村に次ぐ2位で、盗塁も28個を記録した。この活躍で松竹はリーグ優勝し、最高殊勲選手(現、最優秀選手)に選出された。その風貌(ふうぼう)と快足を生かしたプレースタイルから、アメリカ大リーグのジョー・ディマジオ(ニューヨーク・ヤンキース)になぞらえて、「和製ディマジオ」の異名をとった。1953年広島カープ(現、広島東洋カープ)に移籍、1958年に現役を引退した。[出村義和]
 実働15年間の通算成績は、出場試合1655、安打1717、打率2割8分、本塁打230、打点923。獲得したおもなタイトルは、首位打者1回、本塁打王1回、打点王1回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回、ベストナイン2回。1980年(昭和55)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小鶴誠の関連キーワード大下弘日本プロ野球選手会池田豊苅田久徳河野安通志坪内道典浜崎真二若林忠志プロ野球チップス佐々木信也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小鶴誠の関連情報