コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚古集成館 ショウコシュウセイカン

デジタル大辞泉の解説

しょうこ‐しゅうせいかん〔シヤウコシフセイクワン〕【尚古集成館】

鹿児島県鹿児島市にある博物館。大正12年(1923)開館。幕末、薩摩藩主島津斉彬が実践した集成館事業の一環として建てた機械工場が前身。工場は慶応元年(1865)完成。島津家や集成館事業の歴史を展示している。平成27年(2015)、「明治日本の産業革命遺産 製鉄製鋼造船石炭産業」の一つ「旧集成館(機械工場・反射炉跡・旧鹿児島紡績所技師館)」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の美術館・博物館INDEXの解説

しょうこしゅうせいかん 【尚古集成館】

鹿児島県鹿児島市にある歴史博物館。大正12年(1923)創立。幕末、薩摩藩が育成した近代化事業の工場群「集成館」を紹介する。島津家伝来の文書や書画、歴代の当主らの鎧(よろい)、薩摩切子や薩摩焼などの工芸品、機械類などを収蔵・展示する。本館は国指定の重要文化財である旧集成館機械工場を利用。
URL:http://www.shuseikan.jp/
住所:〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
電話:099-247-1511

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

尚古集成館の関連キーワード鹿児島県鹿児島市

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尚古集成館の関連情報