コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高朝雄 おたかともお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾高朝雄
おたかともお

[生]1899.1.17. 京城(現ソウル)
[没]1956.5.15. 東京
法哲学者。東京大学卒業。京城大学教授,東京大学教授を歴任。留学先の師,ケルゼンの純粋法学やフッサールの現象学の影響が強く,『実定法秩序論』 (1942) にいたって独自の分野を開拓したといわれている。第2次世界大戦後の混乱期には,法と政治の関係についての発言も行なっている。戦後の国体論争においてノモス主権説を唱えて宮沢俊義と論争。著書『社会的団体論の基礎』 Grundlegung der Lehre vom sozialen Verband (32) ,『国家構造論』 (36) ,『法の窮極に在るもの』 (2巻,47) ,『自由論』 (52) など多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

尾高朝雄【おだかともお】

哲学者。ソウル生れ。1923年東京帝大法学部,26年京都帝大文学部哲学科を卒業。京城帝大助教授・教授のとき欧米に留学,ケルゼンフッサールに師事した。1944年東京帝大法学部教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾高朝雄 おだか-ともお

1899-1956 昭和時代の法哲学者。
明治32年1月28日朝鮮漢城生まれ。尾高邦雄,尾高尚忠の兄。京城帝大教授をへて,昭和19年東京帝大教授となる。マルクス主義法思想に批判的な自由主義者として活躍。日本法哲学会,ユネスコ国内委員会の設立などにつくした。昭和31年5月15日ペニシリン-ショックで死去。57歳。東京帝大卒。著作に「法哲学概論」「国家構造論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おだかともお【尾高朝雄】

1899‐1956(明治32‐昭和31)
法哲学者。朝鮮で生まれ,東京で育った。1923年東京帝大法学部,26年京都帝大文学部哲学科を卒業。京城帝大助教授・教授時代に欧米に留学(1928‐32),とくにウィーンでH.ケルゼンに,またフライブルクでE.フッサールに師事した。44年東京帝大法学部教授(〈法理学〉,のちに〈法哲学〉講座担任)となり,56年5月ペニシリン・ショックのため急逝。第2次大戦前の著書としては,《国家構造論》(学位論文,1936),《実定法秩序論》(1942)が学界に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おだかともお【尾高朝雄】

1899~1956) 法哲学者。釜山の生まれ。東大教授。ドイツ・オーストリアに留学して、 H =ケルゼン・ E =フッサールに師事。自由主義者として活躍し、法哲学・法思想界に貢献。著「国家構造論」「法哲学」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾高朝雄
おだかともお
(1899―1956)

法哲学者。明治32年1月28日釜山(ふざん/プサン)に生まれる。1923年東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、京都帝国大学文学部哲学科に入り、28年に卒業、同年京城(けいじょう)帝国大学助教授、30年教授を経て、44年東京帝大教授となり、法哲学講座を担当した。この間28年から32年にかけて、ドイツ、オーストリアに留学、ケルゼン、E・フッサールに師事した。著書、論文は多数に上り、法の拘束力に関する問題、法と政治の関係についての問題、民主主義に関する問題をはじめとして、法哲学、法思想界に大きく貢献した。また、日本学士院会員、日本学術会議委員、日本ユネスコ国内委員会委員長としても活躍した。56年5月15日ペニシリン・ショックにより東京で急死。主要著書は『法哲学』(1925)、学位論文となった『国家構造論』(1926)、『法の窮極にあるもの』(1947)、『自由論』(1952)、『改訂法哲学概論』(1952)など。なお、尾高尚忠は弟。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾高朝雄の言及

【抗生物質】より

…(1)アレルギー反応(薬剤過敏症) 代表的なものは,ペニシリンなどβラクタム抗生物質で起こるショック(いわゆるペニシリンショック)である。1956年東大教授尾高朝雄が歯の治療の際に用いられたペニシリン注射でショック死し,世の注目をあびた。発生頻度は低いが,重篤な場合には死に至る。…

【国民主権】より

…尾高・宮沢論争は,その代表的なものである。尾高朝雄は,真の主権者はノモス(法の理念)であって,天皇主権も国民主権もノモスに従って天皇や国民が政治を行うべき責任をもっていることを意味するにすぎないから,天皇主権から国民主権への転換は〈国体〉の変革を意味しないと主張した。これに対して宮沢俊義は,ノモスの主権を認めるとしても,ノモスの具体的な内容を最終的に決定する権能(責任)が天皇にあるとする憲法と国民にあるとする憲法は質的に異なるとして,〈国体〉は変わったと主張した。…

※「尾高朝雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾高朝雄の関連キーワード法哲学(学問分野)尾高 尚忠淡路剛久碧海純一昭和時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾高朝雄の関連情報