コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高尚忠 オタカヒサタダ

デジタル大辞泉の解説

おたか‐ひさただ〔をたか‐〕【尾高尚忠】

[1911~1951]指揮者・作曲家。東京の生まれ。尾高朝雄の弟。ウィーンに留学。指揮法ワインガルトナーに学ぶ。日本交響楽団の常任指揮者となり、日本の交響楽運動に貢献。死後、作曲に関する「尾高賞」が設けられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾高尚忠 おだか-ひさただ

1911-1951 昭和時代の指揮者,作曲家。
明治44年9月26日生まれ。ウィーン国立音楽学校を卒業し,昭和15年までヨーロッパで指揮者として活躍。帰国後は日本交響楽団(現NHK交響楽団)専任指揮者となる。過労のため昭和26年2月16日急死。39歳。功績を記念して尾高賞(作曲賞)が設定された。東京出身。作品に「フルート協奏曲」「日本組曲」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おだかひさただ【尾高尚忠】

1911~1951) 指揮者・作曲家。東京生まれ。朝雄の弟。ウィーン音楽院に学び、日本交響楽団( NHK 交響楽団の前身)の常任指揮者として活躍。1952年(昭和27)、功績を記念して「尾高賞」が設けられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾高尚忠
おたかひさただ
(1911―1951)

指揮者、作曲家。東京生まれ。成城高等学校文科在学中の1931年(昭和6)に渡欧、ウィーン音楽院で作曲と指揮法を学び、36年の卒業作品『日本組曲』はワインガルトナー賞を受けた。ヨーロッパ各地で指揮して40年に帰国。42年から日本交響楽団(N響の前身)の常任指揮者として活躍するかたわら、作曲活動を行い、作品に、交響曲第1番、『ピアノと管弦楽のためのラプソディ』、フルート協奏曲など。52年(昭和27)功績を記念して日本人作曲家に与えられる「尾高賞」が設けられた。指揮者尾高忠明(ただあき)(1947― )は子息。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾高尚忠の言及

【NHK交響楽団】より

…36年ローゼンストックを常任指揮者に迎えるに及び飛躍的にその質を向上。42年日本放送協会と新交響楽団を設立者として日本交響楽団(日響と略称)が設立され,同年山田和男,尾高尚忠が専任指揮者に就任。51年現在の名称に改称。…

※「尾高尚忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾高尚忠の関連キーワードフェリックス ワインガルトナー山田 一雄岩船 雅一昭和時代宅 孝二林 光船山林光

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾高尚忠の関連情報