コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傍若無人/旁若無人 ボウジャクブジン

デジタル大辞泉の解説

ぼうじゃく‐ぶじん〔バウジヤク‐〕【傍若無人/×旁若無人】

[名・形動]《「史記」刺客伝から。「(かたわ)らに人きが(ごと)し」の意》人のことなどまるで気にかけず、自分勝手に振る舞うこと。また、そのさま。「―な態度に腹が立つ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうじゃくぶじん【傍若無人】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「史記刺客伝」より。「傍かたわらに人なきがごとし」の意〕
人前をはばからず勝手に振る舞うこと。他人を無視して思うとおりのことをすること。また、そのさま。 「 -に振る舞う」 「 -な態度」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

傍若無人/旁若無人の関連キーワード虱をひねって当世の務を談ず伝法(無料見物・無銭飲食)虱を捫って当世の務を談ず傍らに人無きが如し我輩はカモである野放図・野放途呆気にとられる大気焔・大気焰眉を顰める八神みゆきふんぞべる理運・利運藤原宗通四字熟語三条公房似非笑ふ人も無げランゲ六方者顔延之

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android